--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/06/25

ミレスチミーチとプルカリにてモルドバワインを満喫(*´ω`*)

ブナ ズィワ

Tシャツ焼けが止まらない妻です(´・_・`)
小学生の頃の水着焼けみたいになってます・・・。

将来のシミが心配でなりませんが、まぁその時はその時考えましょう・・・|ω・`)


さてさて、モルドバと言えばワイン!!(のイメージしか無かった私(゚∀゚))

前回、岩窟修道院が唯一の観光地とお伝えしましたが、現地の方からすると、そこも別に観光地ではないらしく(-∀-)
”モルドバの観光地はワイナリーのみだ!”とおっしゃっていましたヽ(´∀`)ノ

それくらいワインが有名だし、地元の方も誇りを持っているようなのです!!

ということで、ワイナリー巡りをしてみましたよヾ(o´∀`o)ノ


まず行ってみたのが、Milesti Mici(ミレスチミーチ)というところ。

この村にあるミレスチミーチ社のワイナリーは、長さ200km、深さ85mに及ぶ巨大地下セラーを持っていて、”世界最大のワイン貯蔵庫”としてギネスに登録されているのです!!
milesti mici

行き方は、ミレスチミーチ行きのバスに乗ります。
キシナウからミレスチミーチ行きのバスは、20分に1本くらい出ていました^^
RIMG2039.jpg

で、どこで降りたら良いのか全くわからず、とりあえず終点まで。
30分強で、運賃は10.1レイ/人でした。

終点で乗客の方に”ワイナリーに行きたい!”と聞いてみたところ、もっと前で降りなければいけなかったらしく、しかも歩いてはいけないので、バスで引き返した方が良いとのこと。。。
15分くらいしたら、乗って来たバスがキシナウまで戻るというので、乗せてくれることになりました(ノ_<)

ちなみに、ミレスチミーチ村は、本当にすごーい田舎(゚д゚)笑
RIMG2040.jpg

そして、バス停のベンチが半分無くなっていました。
なぜ・・・。
RIMG2042.jpg

この半分しかないベンチで15分待って、キシナウ行きのバスに乗ります。
そして、運賃は特に取られず、ワイナリーの場所で降ろしてくれました(>_<)
ありがとうございました(>_<)!!

降りた場所はここら辺!!


この看板が目印です!
全然見逃していたわ(;゜0゜)
RIMG2043.jpg

バスを降りて10分くらい歩きます。

途中に、ワインセラーらしき洞窟がたくさんありました!
RIMG2044_2016062504511687e.jpg

着きました!!
RIMG2046.jpg

こちらがミレスチミーチ社の社章のようです^^
RIMG2047.jpg

門を抜けると、ワインの噴水がお出迎えしてくれますw(゚o゚)w
RIMG2049.jpg

赤ワインバージョンもありましたΣ(ω |||)
RIMG2051.jpg

これは期待が膨らみます。。。

で、ワイナリーの見学をしたいと伝えたところ・・・


まず第一に予約が必要。
第二に、車が必要だと。


なんとー><
予約をしていなかったのは我々のミスですが、車なんて無いよ( ゚Д゚)

翌日のツアーを予約するか聞かれましたが、車が無いので・・・と言ったら、じゃあタクシーで来るしかないと・・・。

無理ですー。゚(゚´Д`゚)゚。
よって、セラーの見学は諦めました(;д;)涙

ギネスに登録されているワインセラーは車(or タクシー)が無いと見れずです!!!

ポスターが貼ってありまして、こんな感じらしいです。
観たかったなぁ><;
RIMG2054_201606250457142c6.jpg

まぁ200kmあるなら確かに車が無いと無理か・・・。

で、もちろんですがワインが売っています。
電球もブドウで凝っていますね.゚+.(・∀・)゚+.
RIMG2057_201606250457157c6.jpg

しかし色々あるので、買う前に試飲したい・・・。
テイスティングはできるかと聞いたら、セラー見学に申し込まないとダメなようでした(´・_・`)

そして再び言われました。
”車が無いとダメ”と。。。。

うーんと、なぜテイスティングするのに車が無いとダメなのかな(´・ω・)??

まぁ細かいことは気にしないし、車が無いものは無いのだから仕方ない><;


折角なので、1987年の赤ワイン(ごめんなさい、ブドウの品種忘れました・・・)を買って帰りました(´ω`人)
RIMG2058_20160625045717da2.jpg

帰りは、最初にバスを降りた辺りで待っていれば、バスが通りますので、手を挙げて停めましょう!!
帰りも20分に1本くらいは走っているようでした^^

ワインはこちら!
RIMG2066.jpg

1987年モノということで、ヴィンテージ感あります.゚+.(・∀・)゚+.
RIMG2067.jpg

さすが1987年モノなので、蝋で栓が固められていたし、コルクも腐っていて、開けるのに苦労しましたが(旦那氏が)、無事に開いて飲んでみます!!

最初はちょっと酸味が強いかな><
でも、時間が発つにつれ、酸味が消えていき、香りが口の中に広がる感じで、とても美味しかったです(*´∀`人 ♪

ちなみに、1988年の方が評価高いようですが、残念ながらありませんでした><;


そして、翌日はPurcari(プルカリ)というところに行ってみました!
プルカリワインは、1878年のパリ万博国際ワイン展示会のブラインドテイスティングで金メダルを獲得(Negru de purcari)。
そして、ヴィクトリア女王の時代から英国王室でも飲まれているそうです!!

行き方は、プルカリ行きのバスは無いようなので、より遠くの村に行くバスに乗ります。
あ、チケットを買う際、プルカリでは通じませんで・・・プルカーリという感じの発音でした(;゜0゜)

我々が乗ったのは、8時50分発のPalanca行きのバス。
RIMG2069.jpg

わかっているだけで、プルカリに行くバスは6時50分、7時50分、8時50分、13時50分にはあるようでした!

100kmくらい離れているので、2時間強ほどかかりました。
運賃は61レイ/人。

ワイナリー(Château Purcariというホテル併設のワイナリー)は、プルカリ市内よりちょっと先なので、バスに乗ったままで”ここで!”というところで降ろしてもらいましょう。

降りた場所はここら辺。


この看板が目印です!
RIMG2070.jpg

降りて、こんな道を歩くと、
RIMG2071.jpg

着きます!!
RIMG2072.jpg

RIMG2081.jpg

RIMG2083.jpg

ここも予約が必要らしいですが、気付いたのが行く前日の夜中・・・。
一応メールはしておきましたが、返事は確認できていませんでした。

しかし、ワイナリー見学したいと言ったら、普通にさせてくれたので、予約なしでも大丈夫なのかも!?
でも、案内してくれるソムリエの方がいなかったらできないと思うので、予約していった方が安全ですね^^;
Purcari Winery

ワイナリー見学はテイスティング付きです。
テイスティングできるワインの数や種類によって値段は違いましたが、我々は5種類のワインがテイスティングできる310レイのコースをお願いしました!

ワインを作る工場等も含め、しっかり1時間ほど案内して下さいました。
RIMG2077.jpg

熟成中のワイン達・・・。
RIMG2084.jpg

ちなみに、この街のすぐ隣はウクライナ!
RIMG2075.jpg

第2次世界大戦時には、ここは最前線だったそうな・・・。

こちらのセラーも、戦時中は防空壕になっていたそうです。
RIMG2088.jpg

あと、こちらでは、ブドウをどの割合でブレンドしたら良いのか等を研究するラボもありました。
そして、見学に来た全ての人、ワイン関係者にもラボでの研究はオープンにしているんだそうです。

なぜなら、”技術を知られたところで、ブドウが育つ土地が違うと、プルカリワインのように美味しいものは作れないから”と言っていました。
すごい自信ですね(°_°)!

で、試飲させていただいたワインのリストがこちら。
RIMG2091.jpg

どれも、とーっても美味しかったです+゚。*(*´∀`*)*。゚+
というか、我々の好みでした^^♪

一番のオススメは、やはりNegru de purcari!!
カベルネソーヴィニヨンやSaperavi等をブレンドしたものですが、本当に美味しかったです(´ω`人)

いろいろ教えて下さったソムリエのお兄様、ありがとうございました^^
RIMG2098.jpg

あと、ここのランチが絶品とのことで、奮発して食べてみました!!
400レイ≒2500円くらいのコースです。
この旅始まって以来の出費・・・。
今後は節約しなければ・・・。

とーっても美味しかったです(*´∀`人 ♪
RIMG2099.jpg

RIMG2102_20160625063115357.jpg

さすがワインに合うお料理でした^^
RIMG2103.jpg

RIMG2104.jpg

高いとは言え、日本で食べるよりは全然お安いですね!


ランチ後は、酔い覚ましも兼ねてバスの時間まで付近を散歩!
もちろんですが、ブドウ畑があります。
RIMG2105_20160625051114489.jpg

チェコのワイナリーで見たときより、ブドウの実が大きくなっています!
無事、健康に育つと良いねぇヽ(≧∀≦)ノ
RIMG2112.jpg

で、気に入ったNegru de purcariの、テイスティングしたものよりオススメの年代という2013年のワインをお買い上げして帰りました(^-^)/
たぶん日本で買ったら1万円以上ですが、2000円以下くらいでした(°_°)

いやー、素晴らしきワイン天国ですね(((o(*゚▽゚*)o)))


ちなみに帰りは、ワイナリーの方に電話してもらって、バスの時間を確認しておいた方が良いかと思います。
とりあえず、13時のバスがあることと、キシナウまでの最終バスは16時15分ということは確認できました。

ホテルの方は、16時15分発だけど、たいてい16時35分にしか来ないと言っていました。

そして本当に35分に来ました(=∀=)


で、ぐーっすり眠ってキシナウまで帰りました(ノω`*)ノ

買ってかえったワインも、もちろん非常に美味しかったです+゚。*(*´∀`*)*。゚+
RIMG2115_20160625051119ac1.jpg


ということで、モルドバワインを満喫し過ぎましたので、ちょっとの間、禁酒します(*・`ω´・)ゞ笑


そんなこんなで、4日間滞在したモルドバ。
全く未知の国だったし、ルーマニアと並んでヨーロッパ最貧国ということで、ビビりもしておりましたが・・・
人々はとっても優しいし、ワインも美味しいし、冷房が無いことを除いて(°_°)笑、とっても楽しい国なのでしたヾ(o´∀`o)ノ

最後にキシナウの宿はこちら:Apartment on Chisinau city center

洗濯機とかも置いてある、アパートの1室に泊まる感じで、600レイ/泊。
何か困ったことがあれば、オーナーさんとメールでやり取りする感じでした!

市内中心部で、スーパーも近くにあるし便利だったのですが、鍵が壊れていて、閉まるのは簡単なのに、開けるのに10分くらいかかるという謎の状態でした(°_°)笑
オーナーにも鍵の不具合は伝わっているはずなので、たぶん、そのうち直っていると思います(-∀-)笑


また長くなっちゃいましたね((´・ω・`;))

現在地は、ルーマニアのブカレストなので、次回はブカレスト編です^^
ではまた見てね♪


ブログランキングに参加中!
いつもありがとうございます
本日も応援の1クリックいただけたら幸いです♪
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


イギリスのEU離脱で色々揺らいでおりますね。。。
詳しくは書けませんが、我が家の旦那氏にも少なからず影響が・・・((´・ω・`;))


コメント

非公開コメント

こんにちは!

よく見てます!自分も世界一周したかったんですよねー。まだ実現してませんが・笑

この前ウクライナのキエフにいましたよ。世界はまだ見ぬ素晴らしい場所ばかり!これからも素敵な旅を続けてくださーい。

Re: こんにちは!

さけ様!

こんばんは!
見ていただきありがとうございます^^♪

ウクライナのキエフ良いですよね(*´ω`*)

そうですね!世界にはまだ知らない場所がたくさん!!
さけ様もいつか世界一周旅行実現できますように^^☆

ありがとうございます!
これからもまだ見ぬ景色をお届けさせていただきます!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。