--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/06/06

モラビアの真珠・・・テルチの世界一美しいと言われる広場に行ってみました(^^)/

ドブリーデン

現在地はしばらく滞在したチェコを離れまして、オーストリアのウィーンにやって参りました妻(&旦那)です(=゚ω゚)ノ

ウィーンは高いので1泊だけ><;
でも満足な体験もできましたので、ウィーン記事まで少々お待ち下さい(。>ω<。)ノ


ブログはまだまだチェコ編続きます!!

チェスケー・ブディェヨヴィツェから世界遺産を満喫した我々が次に向かったのは、これまた世界遺産のテルチ(Telc)という街(^-^)/

良質の保存がなされているルネサンス様式の建築群があり、1992年にユネスコ世界遺産に登録されています。
そして、”世界一美しいと言われるおとぎの国のような広場がある”ということで、それはぜひ見てみなければ(>_<)!!

さようならチェスケー・ブディェヨヴィツェ(*´ω`)┛
RIMG0677_20160606071203fd5.jpg

チェスケー・ブディェヨヴィツェからテルチまではバスで移動!
バスの時刻表は、2016年6月時点ではこのようになっておりました↓↓
IMG_5092.jpg

ところで、このバスの時刻表なのですが、父みたいなマークとか数字の意味が結局最後までわかりませんでした((´・ω・`;))
なので、毎日は走っていない時間もあると思いますので、詳しくはバスターミナルのインフォメーションセンターでご確認下さい><;

テルチまでの所要時間は2時間弱ほどで、運賃は100コルネ/人。
この時乗ったバスは、荷物1個につき+10コルネかかりました(>_<;


これまた爆睡している間にテルチに到着ーヾ(・∀・)ノ
RIMG0680.jpg

おぉ・・・またもや雲行きが怪しくなってきました・・・((((;´・ω・`)))
宿に荷物を置いて早速観光せねばΣ(゚д゚|||)


今日は先にテルチの宿紹介!
我々が泊まったのは、Penzion Podolska

広場にあるペンションの方が良かったのですが、お手頃価格のところがチェックインが18時までで、着けるか未定だったので、ちょっと広場から離れたところに!
駅やバスターミナルからは徒歩20分くらい。
IMG_5122.jpg

専用バストイレ、ダブルの広いお部屋で29ユーロ/泊。
農家のおじちゃん?が、広い家の一部を貸すよーみたいな感じのペンションでしたヽ(´∀`)ノ

広場までは歩いて10~15分くらい^^

湖を超えて広場の方に向かいます。
RIMG0683_20160606071910dc6.jpg

門をくぐると広場に到着です!
RIMG0712.jpg


そして、こちらが世界一美しいと言われる広場です.゚+.(・∀・)゚+.
RIMG0690.jpg

うーん、確かに美しいんだけどなー(>_<;
RIMG0697.jpg

RIMG0686_201606060719327cc.jpg


住んでいる人がいるのだから仕方ないですが、広場が駐車場になっていて、車がたくさん停まっているのです( ゚Д゚)
加えて何かのステージが建っていたりして、この建築群と広場だけを綺麗に眺めることができなかったのが残念でした><;

ステージとか車が写らないように必死に撮るも、美しさが伝わらないですね^^;
RIMG0695.jpg

RIMG0694.jpg


もはや車も景色の一部として見るしかない!
と思ったら、あら、意外と色がベストマッチ(-∀-)笑
RIMG0711.jpg


こちらは古くから残っている感じが伝わってきて良かったです^^
RIMG0692.jpg


女神さま・・・これまでに美しいものを見過ぎたのでしょうか・・・
RIMG0698.jpg

天気のせいもあるのかしら。。。

見て、この空!
RIMG0699_20160606072029b69.jpg

いや、でも、これはこれですごいですね(=∀=)
実はこの写真お気に入りです(-∀-)


世界一は言い過ぎかなー!?とは思いましたが、おとぎの国のようで、美しいことは事実です!!
実際に見てみないとわからないし、訪れてみて良かったなとは思っております^^♪


それにしても前回訪れたホラショヴィッツェ村に引き続き、こんなに寂しい世界遺産があるのかしら><
というくらい街に人がおらず・・・
RIMG0702.jpg

RIMG0713_20160606072301554.jpg


レストランもビックリするほど人がいなくて、ほぼ貸し切りでした^^;

そうそう、チェコで欠かせない料理でまだ紹介していなかったものが!
カツレツです(*゚Q゚*)
RIMG0709.jpg

柔らかい豚肉にサクサクの衣が付いていて、美味しいのであります^^!

付け合わせのキャベツの酢漬けも、お店によって味が全然違くて、食べ比べしてみるのも楽しいです(ノω`*)ノ


あと、こちらのビールも美味しかったなー(〃▽〃)
RIMG0707.jpg

もちろんチェコブランド!
Jezekで”ヨジャック”と読むらしいのですが、これまで知らなかったー><
しっかりとした苦みがあって、ピルスナーの次に好きな感じでした♪

そして、ちょっとフライングでワインも頼んでみたらすごい並々で出てきた(=∀=)
RIMG0706.jpg

こちらはとてもスウィートなワインでありました!


翌日晴れてたら、もう一度広場を見たいねと話していましたが、生憎の雨だったので諦めて早くからチェコ最後の街ブルノに向けて出発(´;ω;`)

ブルノまではバスでも電車でも行けますが、我々はバスを選択^^


そういえば、テルチの街は宿もレストランもスーパーも、ほとんどクレジットカードが使えなかったんです(;゜0゜)
朝、バス停に向かうまでの間にふと財布の中が心配になって見てみたら、

250コルネしか入っていない━━━━(゚д゚;)━━━━!!


・・・あれ、どうしよう・・・。
近くにATMもないし・・・。
昨日、チェスケー・ブディェヨヴィツェから2時間弱で100コルネ/人だった。
それよりは遠いのでギリギリ行けるか行けないか・・・

このバスに乗れなかったら、2時間くらい移動手段無いし・・・(゚д゚)


荷物はもうバスのトランクに預けました。
あとはチケットを運転手さんから買うのみ。

”ブルノまで2人分下さい・・・”

ドキドキドキドキ・・・

”一人125コルネです。”


やったーヽ(´∀`)ノ
奇跡的にピッタリ行けるー( ;∀;)
神様ありがとうー( ;∀;)



という訳で、ちょーギリギリ辿り着けましたブルノー+゚。*(*´∀`*)*。゚+
RIMG0717.jpg

さすがプラハに次ぐ都市ということで大都会ですw(゚o゚)w


ブルノでは市内観光もそこそこに、色々ワインを求めて旅してみました♪

ということで、次回はひたすらワイン尽くしの回~ヽ( ´_`)丿
ではまた見てね


いつもありがとうございます(>_<)!
励みになりますので、本日も応援の1クリック宜しくお願い致します(^-^)/
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

次こそはどうか青空をー><;


あんなに雨女の話を馬鹿にしていた旦那氏ですが、最近は、

”僕が外に出ると雨が止むんだから感謝して。”

と豪語しております・・・(゚∀。)アヒャ






コメント

非公開コメント

時刻表の記号

父みたいなマークは日祝日を除く毎日の意味だと思います。イギリスとフィンランドは日曜日を除く毎日(祝日はダイヤは変わらない)

Re: 時刻表の記号

ジャム様
コメントありがとうございます!!
参考になりました^^!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。