--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/02/05

悲しい歴史を持っているけれど、とってもカラフルで可愛いケープタウンの”ボ・カープ地区”に行ってみました♪

フユイ ダハ

一人旅中だとあまりちゃんとしたものを食べれず、痩せてきた妻です((((;´・ω・`)))
まぁアフリカでちょっと太っちゃってたからちょうど良いかな^^;

さて、”テーブルマウンテン登頂”と”喜望峰に行く”という南アフリカでの最大の目的は果たしましたが、今日は気ままにケープタウンの街を観光してみたいと思います♪
ということで行ってみたのが”ボ・カープ地区”というところ。

場所はここです↓↓


バックパッカーズ宿の集まっているLong Streetから徒歩15分くらい歩くと、カラフルな建物が見えてくるのですぐにわかると思います!!
IMG_6485_20170202111314f4a.jpg

あら、可愛いー(>_<)
IMG_6486_201702021113163a3.jpg

家の前の道路に車が停まっているのがちょっと残念なのですが><;
IMG_6487.jpg

この車なら可愛いですね♪
IMG_6488_201702021113207a9.jpg

なんてカラフルなんでしょう(´ω`人)!!
IMG_6490.jpg

IMG_6492_2017020211164539f.jpg

IMG_6493.jpg

良い感じのアートもありました♪
IMG_6495_201702021116417a8.jpg

この眺めがとっても好きでした^^
IMG_6496.jpg

IMG_6501.jpg

可愛すぎて、たくさん写真撮っちゃいましたヾ(o´∀`o)ノ
IMG_6505.jpg

でも、実はこの地区、ただ可愛いだけではなく、ちょっと悲しい歴史を持っているのです。。。
IMG_6506_201702021119070de.jpg

当時、この地域に住んでいたオランダ人が、奴隷として働かせるために、マレーシアやインドネシア等のアジア、アフリカから人々を連れた来ました。
その方達の子孫が住んでいるのが、この”ボ・カープ地区”なんだそうです。
IMG_6509_2017020211190471d.jpg

この街がカラフルになったのは、”奴隷から解放された喜びをカラフルな色で表現した”という説が有力らしいです。
IMG_6512_201702021119158e4.jpg

そう思って見ると、なんとも言えない気持ちになると言いますか・・・。

なので、南アフリカはキリスト教徒が約80%を占める国ですが、このボ・カープ地区の住人の大多数はイスラム教徒とのこと。
よって、これまたカラフルで可愛いモスクがありました^^
IMG_6515.jpg

ちなみにこの地区、結構な坂道なんです(°_°)
テーブルマウンテントレッキングの筋肉痛がまだ残っているので、下るの辛かったー(;´∀`)
IMG_6519_2017020211215043a.jpg

と、悲しい歴史を持つ地区ではありますが、今はとっても長閑で可愛い場所なのでした(*´ω`*)
IMG_6520_2017020211220603b.jpg

ここからは普通の街に戻ります!
IMG_6521_20170202112201c30.jpg

でも可愛い街並みですが♪
IMG_6523_201702021122067f5.jpg

歩いたらお腹が空いたので、宿に戻ってランチ。
サンドイッチ用に買った材料消費のために、グラタンを作ってみました(*・`ω´・)ゞ
チーズが溶けなくて見た目悪いですが^^;
あと赤ワインー!!
お昼から飲んじゃいますー(*´ω`*)
IMG_6524_201702021121357a9.jpg

この赤ワインがとっても美味しくてですね・・・夫婦ともお昼から酔っ払ってしまったのが、この日の間違いでした・・・。
そう、この後、我々は詐欺に遭い、クレジットカードを盗まれました( ;∀;)笑
その話はまた次回・・・。


ブログランキングに参加中です。
いつもありがとうございます!!
本日も応援の1ポチっといただけると幸いです^^
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

自分の家をカラフルにするとしたら、何色にしようかなw(゚o゚)w
水色かな!?!?

ちなみに旦那氏は、家の中も統一された一色が良いらしいですΣ(ω |||)


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。