2017/01/21

ボツワナのハボローネからナミビアのウィントフックに向けて移動2日目~ハンツィからウィントフックまでヒッチハイク成功なるか!?~

ドゥメラ

日焼け止めを塗っているのに、日焼けが止まらない妻です(°_°)
しかも、鼻と頬だけが異常に・・・。
すごい変なことになっています^^;

ところで・・・今日1月21日は”無気力旦那氏の誕生日”なのでしたヾ(o´∀`o)ノ!!
ハッピーバースデー to 旦那氏~
いろいろ書いていますが、旦那氏のことは尊敬しておりますし、感謝もしております(´ω`人)
これからも仲良く旅して、仲良く人生を過ごしていきたいと思います(*^_^*)

ブログは普通に前回の続きです!!

ボツワナにてこの旅2回目のテント泊。
実は、テントの下に敷くマットを持っていないので、地面が芝生だから耐えられるものの、朝起きると腰が痛いです(´∀`*;)ゞ
ナミブ砂漠に行く前にやはり買った方が良いかも・・・。

しかも、朝起きたら顔が異常に浮腫む・・・というか腫れ上がっていましたー(;゜0゜)
原因不明だし・・・治るのかしら・・・^^;
と、心配ではありますが、先を急がねば。。。

ということで、朝の8時に出発!!

そういえば、ハンツィの宿はこちら:Kalahari Arms Hotel

バストイレ共同、キャンプサイト泊で2人で120プラ/泊。
ハンツィ中心部には、ここくらいしか宿泊施設が無いのでは^^;??

キャンプサイト専用のバストイレが外にあるのですが、高級ホテルなだけあって、とっても綺麗でした^^
お湯はぬるま湯しか出なかったですが( ;∀;)
レセプションにあるトイレに行けば、もっと綺麗でしたよー♪
WiFiはレセプションの方に行けば、使える時は使えました。

ハボローネからのバスが着いたバスターミナルからは徒歩5分くらいで、近くにスーパーもありました(*・`ω´・)ゞ
セキュリティの人も24時間見回っていたし、テント泊でも安心な感じでした!

ひとまず、バスターミナルに行ってみようと思います。
ハンツィの街は特に何もありません^^;
そして天気が悪い(;゜0゜)
IMG_5321_2017011511090944f.jpg

バスターミナルで聞いてみたところ、もちろんウィントフック行きのバスは無いですが、国境近くの”Charles' Hill”という街までのバスはあるとのこと。
たぶん運賃は60~70プラ/人。
しかし、朝10時が始発のうえ、どうせそこからはヒッチハイク・・・。
うーん・・・せっかく早起きしたし、なるべくなら早く行きたいので、やっぱりハンツィの街からヒッチハイクで頑張ろう(>_<)!!

ということで、バスターミナルから歩いて5分くらいにある大通り沿いのガソリンスタンドへ。
IMG_5322.jpg

車は結構来るので、誰にお願いしようかと思っていたら、中国人のご夫妻が”どこまで行きたいんだ??”と聞いてくれました(´ω`人)
”ウィントフックまで!”と言ったら、”ここだとウィントフック行きの車はあまりいないから、ウィントフックまでの分かれ道のところで探すといいよ”と言って、そこまで乗せてくれることに(>_<;
ありがとうございます!!

ボツワナのヒッチハイクは基本、お金を払うタイプです。
公共交通機関の発達していない、トルクメニスタンとかもそうでしたねw(゚o゚)w
ハンツィの街から、ウィントフックへの分かれ道までは40kmくらいあったのですが、中国人ご夫婦はなんとタダで乗せてくれました(>_<)
本当に助かりました!!ありがとうございました!!!

標識にウィントフックの文字が(´ω`人)
ちょっと近付いた気がします!!
ちなみに顔が腫れ上がってます(;´∀`)
IMG_5324.jpg

ということで、この道沿いでヒッチハイク。
しかし、なかなか車が来ないなぁ・・・(。-_-。)
IMG_5325.jpg

車が来ても、既に満席だったりして><;
5台くらいスルーされて、おまけに雨まで降って来て、困ったなぁと思っていたところ、1台の車が停まってくれました(*´▽`*)

国境まで40プラ/人ということで、値段的にも普通だと思ったので乗せてもらいました^^
南アフリカに住んでいるというおじ様の運転する車です(*・`ω´・)ゞ

乗せてもらってしばらく走ったら、空も晴れて来ました。
綺麗な雲だなぁ(>_<)
IMG_5329_20170115111337ea8.jpg

そして、1時間強くらいでボツワナの国境へ到着。
普通に出国スタンプを押してもらって終了です!

そこからまた少し車に乗って、ナミビア側の国境へ。
ナミビアもビザは必要無いので、すぐに入国スタンプを押してもらって終了(´ω`人)

入国時、ナミビアも滞在期間を聞かれて、それがそのままパスポートに記入されますので、滞在期間を少し長めに申請しておいた方が良いかもです!!

で、最初は国境までという話でしたが、話していたら、運転手のおじ様もウィントフックまで行くらしく、150プラ/人で乗せてくれることに♪
ここで、もう一人現地の方が乗り込んできました。
その人も特に交渉せず150プラ/人払っていたので、それくらいが相場のようです(*・`ω´・)ゞ

ちなみに、国境にはお店とか何も無くて、両替できるような場所もありませんでした(°_°)

国境後、1時間くらいで最初の街に到着。
Gobabisという街らしいです(´ω`人)
IMG_5333.jpg

ここもすごいアメリカみたいな街でしたw(゚o゚)w
ナミビアも基本みんな英語で会話していますしね^^
しかし、ボツワナもナミビアも、鈍っているのか、ネイティブ過ぎて我々が聞き取れないだけなのか不明ですが、すーんごい難しい英語なのです・・・(°_°)
IMG_5331.jpg

IMG_5337.jpg

朝からほとんど何も食べていなかったので、お腹が空いたのですが、まだナミビアのお金を持っていなくて困っていたら、運転手のおじ様が貸してくれました(>_<;
ちなみに貸してくれたのは南アフリカのお金ランド。
ナミビアでは、ランドをレート1:1で、そのまま使うことができるんですねw(゚o゚)w
逆に、南アフリカではナミビアのお金は使えないそうです・・・。

スーパーで牛肉のカレーを購入(´ω`人)
これまた柔らかい!!
IMG_5335.jpg

そして、ナミビアのコーラのペットボトルはなぜか600mlΣ(ω |||)
IMG_5336.jpg

いやー、しかし、ナミビアはボツワナ以上に物価が高いですね。
恐ろしいー(; ・`д・´)

ちなみに、その後、この街の銀行でボツワナプラ→ナミビアドルに両替できました^^
手数料は取られましたが、レートは公式レートでした(*・`ω´・)ゞ

その後はウィントフックに向けてひたすら車を走らせます(おじ様が)。
途中、結構ヒッチハイクをする人が多くて、おじ様もお金を稼ぐチャンスのため、頻繁に人を乗せたり降ろしたりしながら進みました。
それでも意外と早く15時頃にウィントフックに到着(>_<)

最後に我々だけガソリン代を請求されたけどね(=∀=)
まぁ安全に、しかも意外と早くウィントフックまで連れて来てくれたので払いました(´ω`人)

いやー・・・ウィントフックは、ハボローネ以上に都会だなーw(゚o゚)w
街並みだけ見たら、もうアフリカ感はゼロです^^;
IMG_5339.jpg

ウィントフックで一番人気なのは、カメレオンバックパッカーズという宿でしょうか!?
しかし、既に満室との情報を得ていたので、The Cardboard Boxという宿へ。
IMG_5342.jpg

ドミトリーだと一人150ドル/泊で、テント泊だと100ドル/泊なのですが、空きがあったので、ここは贅沢してドミトリーで^^;

ここで、無事にナミブ砂漠を一緒に周るざねちゃん、えっちゃんと再会!!
2人はザンビアのリビングストンから直通バスでウィントフックまで来たそうです。
うーん、結果それが正解だったかも!?
まぁ約1週間の道中も楽しかったんですけどね^^;

ありがたいことに、夜ご飯作ってくれましたよー(*´▽`*)
みんなちょっとお疲れ気味だったので、雑炊嬉しいな♪
でもちゃっかりビールは飲んじゃう^^;
IMG_5343.jpg

さて、明日はナミブ砂漠レンタカーの旅に備えて準備の予定!
ではではまた見てね♪


ブログランキングに参加中です。
いつもありがとうございます!!
本日も応援の1ポチっといただけたら幸いです(>_<)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ボツワナはほぼ通過しただけになってしまったので、何とも言えませんが、想像していたよりも全然発展していましたΣ(ω |||)
道もずーっと綺麗に整備されていましたしね!!
恥ずかしながら知らなかったのですが、ダイヤモンドの原産国なのですねw(゚o゚)w
それを知って納得。。。

あぁ・・・ダイヤ欲しかったな(´ω`人)
あ・・・今日は私が旦那氏にプレゼントすべき日か(´∀`*;)ゞ



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お誕生日おめでとう〜

ありがとうございますー♪
伝えておきます^^
きっと想像のままの人です!?

はい、この先も仲良く頑張ります(*´ω`*)♪