--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/11/18

【参考まで!!】アスワンでのスーダンビザ申請情報(2016年11月時点)~カイロからアスワンへひとまず移動してビザ申請がオススメです~

アッサラーム アレイコム

今、すごいお腹が空いている妻です(°_°)
でも、アフリカでそこまでテンションが上がる食事が無いからなぁ(*´ω`*)

ブログは昨日の続き!!
カイロからはアスワンに向かいます。

電車でも行けるのですが、電車のチケットは外国人は買えないなんて情報があったり!?
宿の人に手配できないか聞いてみたら、コミッション含めて30ドル/人だと言われたのでバスで行くことにしました。

アスワン行きのバスは、Turgoman Bus Stationから毎日17時出発のようです(*・`ω´・)ゞ
チケットは前日に購入しておきました。
VIPバスで、150ポンド/人。

バスターミナルの建物内に荷物検査を受けて入り、地下の乗り場に向かいます。

そこが暗っ(*´▽`*)
電気付けようよ、電気!!
IMG_1628.jpg

チケットはこんな感じで、ちゃんと座席指定があるので安心♪
しかし暗っ(*´▽`*)
IMG_1630_2016111221382659d.jpg

16時過ぎにバスターミナルに着いて、旦那氏が乗り場の番号を聞きに行ったら”6番”と言われたって。
なのですが、16時45分になってもバス来ない(°_°)

うーん、これはおかしい。。。
心配になってもう一度聞きに行ったら、”Sixteen”と言いながら”06”と紙に書いてくれました。

はい、”16”なのか”60”なのか”6”なのかわからーん(*´▽`*)

正解は60でした。
このバスターミナルが暗くてわからなかったけど、超広くて、すんごい奥の方までプラットホームがあったのです(゚д゚)!!

16時55分、ギリギリでバスに乗り込みました。
ふぅ~・・・。

荷物1個につき1ポンドの荷物代を取られましたが、現地の人も払っていたので、そういうものなのでしょう(´ω`人)

そしてバスは意外にも時間通りに出発!!

途中、綺麗なモスクが見えました(*´ω`*)
IMG_1632.jpg

それにしても、すんごい渋滞(゚д゚)!!
席が一番前だったのですが、車もカオスだし、人も横切るので、轢いちゃうんじゃないかとヒヤヒヤ・・・。
IMG_1634.jpg

しかも、一度アスワンとは逆方面の空港の方に行って、お客さんを乗せるっていうね(´ω`人)
空港の方から市内のバスターミナルに来れば時間短縮になるじゃん!!ってつっこみたいけど、ここはエジプトですからね。

で、噂によると、バスは電気が点きっぱなしで、ずーっと爆音で映画や音楽が流れているってことだったのですが、ちゃんと電気は消されて、映画も流れず、確かに音楽は流れていましたが許容範囲でした。

改善されたのかしら(*´ω`*)
たまたま、運転手さんの趣味だったのかもしれません!?

しかし、バスが超寒いよー((((;゚Д゚)))))))
防寒着必須です!!

バスは何回か休憩を挟みます。
IMG_1637.jpg

なんか、みんな車の上に荷物を積んでて、アフリカだなーって思いました。
IMG_1635.jpg

トイレは綺麗では無いけど、普通に入れる感じでした。
安定のトイレットペーパーは無いけどね!!

どれくらい休憩するのかわからなかったから、夜ご飯はこのクッキーだけ。゚(゚´Д`゚)゚。
IMG_1638.jpg

でも、意外と停まってたから食べれたな・・・。

寒い中、凍えながら眠りにつき・・・
朝起きたら、カイロとは全然違う雰囲気になってた!!
IMG_1639.jpg

途中からはずっとナイル川も見えていました(´ω`人)
IMG_1640.jpg

ところで、アスワンに向かったのはスーダンビザ申請のため。
スーダン大使館の休みが水、金、土ということだったので、木曜日の朝アスワンに着いて、その日のうちにビザを申請しに行くプランを立てていました。

予定では朝の6時くらいにアスワンに到着するはずだったのですが、朝6時の時点でまだアスワンまで50kmくらいあって、間に合うか超不安(゚д゚)!!
なんでこんなに遅れたんだろう!?
今日を逃したら、日曜日まで待たないといけないじゃないかー><;

でも結局、朝の9時過ぎくらいにアスワンにちゃんと到着したので良かった!!
バスターミナルはここら辺で、街の中心部まで3kmくらいあります。


どうしても今日中にスーダンビザの申請に行きたいので、そのままタクシーで行っちゃいます。
スーダン大使館は、Rudwan mosque(ラドワンモスク)の隣にあるので、ラドワンモスクに行きたいと言えば着くようです(*・`ω´・)ゞ

バスターミナルからは8kmくらいで、交渉して20ポンドでした。
適正価格なのか不明ですが、まぁそんなものなんじゃないかと(´ω`人)

10分くらいで到着しました。
モスクの隣の旗が立っている場所がスーダン大使館です(*・`ω´・)ゞ
IMG_1642.jpg

行ったらちゃんと開いてて良かった(>_<)
第一関門突破!!

ビザを申請したいと言ったら、申請用紙を貰えるので記入します。
申請用紙に、宗教と信じる神の名前を書く欄があることに驚きです(;゜0゜)
”Mother name”という欄に、信じる神の名前を書くようです。
間違ってもお母さんの名前書かないでね(´ω`人)

そして、情報には無かったのですが、エジプトビザページのコピーもいると言われました。
なぬΣ(゚д゚|||)!?

近くにコピー屋さんがあるというので行ったら、コピー機が壊れてると言われました(*´ω`*)

戻ったら、大使館職員の方??が別のコピーできる場所へ連れて行ってくれました。
旦那氏が行ったので場所がわかりません、すみません。

そして、なんとコピー代は出してくれたって(°_°)
噂通りスーダン人はとても優しいようです・・・。
申請を受け付けてくれた方も、エジプト人のような元気は無くて!?、なんだかホンワカした雰囲気でした^^;

無事にコピーをゲットして、ビザ代の50ドル/人を払ったら終了です。
”ビザ取得には1週間かかるから、来週の月曜日においで”と言われました。

全然1週間じゃありません(´ω`人)
ちゃんとできてるか不安ですが、信じて取りにきます。

【アスワンでのスーダンビザ申請情報(2016年11月時点)】
営業時間
・月、火、木、日の8時30分~12時30分
持ち物
・パスポート原本 (ホールド)
・パスポートのコピー1枚
・エジプトビザページのコピー1枚
・写真2枚
・ビザ代50ドル


※1 イスラエルの入国履歴があるとビザは取れません。カイロの大使館では取れるらしいって聞きましたが、イスラエル入国履歴があるとビザは取れても入国できない場合があるそうです。イスラエルの入国スタンプが無くても、周辺諸国国境のスタンプがあるだけでバレるんだとか・・・。お気を付け下さい!!
※2 パスポートはホールドされます。エジプトの宿はパスポートが無いと泊めてくれないところが多いのですが、コピーがあればOKのようなので、宿提出用にパスポートのコピーを用意しておくことをオススメします!


カイロだと、日本大使館のレターが必要なうえに、ビザ代も100ドル/人らしいので、アスワン取得がオススメですかね!?

帰りは、目の前にバス停があったので、そこからバスに乗りました。
運賃は聞いたら負けらしいです!?
わからないけど、1ポンド/人渡したらOKでした(´ω`人)

で、宿探し。
とりあえず、過去の旅人の皆様の情報にあったヤシーンホテルへ。
部屋を見せてもらって、まぁ許容範囲だったのでそこにステイ決定!!

翌日のアブシンベル神殿へのツアーも申し込みました。
120ポンド/人でした(*・`ω´・)ゞ

で、ひと段落したのでランチへ(* ´ ▽ ` *)
今日もキョフテ!
IMG_6208.jpg

あと、もう一つ頼んだこのスープが激マズでした((((;゚Д゚)))))))
スープはどこで何を飲んでもハズれない説が終了しました(´ω`人)笑
IMG_6210.jpg

レストランのテレビではずーっとメッカのお祈りの様子が流れていました。
アスワンは、カイロとかよりもムスリム色が強い印象を受けました。
IMG_6209_20161112221619afd.jpg

で、貯まっていた洗濯等をしたり、夜行バス明けだったのでお昼寝したり(´ω`人)

そして夕食はナイル川で採れたお魚。
骨が多過ぎて食べにくいけど、まぁ美味しかったです!!
IMG_1656.jpg

あと、モロヘイヤスープも(*´ω`*)
IMG_1657.jpg

そんでもって食後のコーヒー。
最初に聞いたお店では1杯10ポンドって言われた(°_°)
ここは5ポンドだったけど、それでもボラれてる気がするけど、美味しかったから許す(´ω`人)
IMG_1659.jpg

では、明日はアブシンベル神殿に行くために夜中の3時起きなので早目に寝ることにします!!
と思ったら、お昼寝しちゃったから全然寝れない(*´▽`*)!!笑

とりあえず目は閉じておきます・・・。
おやすみなさい・・・。


ブログランキングに参加中です。
本日も応援の1クリックいただけたら嬉しいです♪
いつもありがとうございます!!
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ビルにもエジプトっぽい模様が彫られてる(*´ω`*)
しかし、アスワンの街は何もないです。

アスワンでスーダンビザを取得予定の方は、5日間くらいかかるので、アスワンでビザ申請してからルクソールに戻る方が良いんじゃないかと(*´ω`*)


ところで、お腹が空いている妻に対し、旦那氏はすっかり胃が小さくなってしまったようで、全然食べなくても平気なようです(°_°)


コメント

非公開コメント

No title

最後の写真、確かにアスワンのコーヒーってこんなだった!(いつもミルクは入れないよう頼んでたけど)コーヒーをただのガラスのコップに入れて出す国は今まで他になかったと思うので覚えています。トルコと同じく水出しコーヒーだったけど、トルコのよりかなり薄くて量はたっぷり。コーヒーの粉みたいのが水中をまっていた(あとで沈むけど)。たまたま入った店がそんなコーヒーを出す店だっただけかと思ってたけど、さかちさんたちも同じ目にあったってことはアスワン自体がそんなコーヒー文化の町なんですかね。

Re:No title

ジャップ猿さま^^
こちらにもコメントありがとうございます♪

確かに、最後、コーヒーの粉が溜まっていて、飲み切れませんでした^^;
私もこのお店特有のものかと思っていましたが、アスワン全体がそんな感じなのですね!!
コーヒーも国や地域によっていろいろ特性があって面白いですね☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。