2016/10/31

西カザフスタンにて・・・イスラム教神秘主義の聖地ショパンアタとベケットアタを巡り衝撃を受けた話(・。・;

サレメッスィズ ベ

そういえば、今日は(ブログが更新される頃には昨日)はハロウィーンだったのですねヾ(o´∀`o)ノ
友人のFacebook等を見て知った妻ですw(゚o゚)w
今いる国(秘密♥)は、イスラム圏なのでそんな雰囲気は全く無いものでΣ(ω |||)

さて、ブログは今日からカザフスタン編に入ります!!

カザフスタンと言っても、カザフスタン広すぎるので、我々が今回旅したのは西カザフスタンのみ。
その西カザフスタンには、イスラム教神秘主義の聖地が点在しているようなのです(*・`ω´・)ゞ

その中で、ジョナウゼンという街を拠点に行くことができる、ショパン・アタベケット・アタの2ヵ所に、トルクメニスタンからカザフスタンまで乗せてくれたノリさんが連れて行ってくれると言うのでお願いします!!

昨日の記事にも書きましたが、ジョナウゼンからその2ヵ所を巡る”巡礼タクシー”という乗り合いタクシーみたいのも出ているらしいです!
でも、どこで予約できるのかとか、代金は不明です><;
すみません・・・。

朝、1歳の三男君が起こしに来てくれましたよ(´ω`人)
IMG_0207.jpg

で、ばっちり朝ご飯もいただきます!
床に広げて食べる方式。
この乾燥フルーツが美味しかった^^♪
IMG_0206.jpg

3歳の次男君はテレビのアニメにくぎ付けでした(ノω`*)ノ
6歳の長男君の姿が見当たらなかったのですが、学校だったのかな??
IMG_0205.jpg

ところで、イラン辺りからかな??ジョージアもだったかな??
夫婦で旅をしていると言うと、”子供はいるの??”と必ず聞かれます。
そして、”まだいない”と答えると、”なぜ!?早く子供作りなさい!!”って必ず言われるのです(°_°)

最近の日本では、そういう質問や発言はなかなかしにくい雰囲気になっているので、結構ドキっとします。
子供が欲しいのに授かれない夫婦が言われたらどう思うのだろう・・・(°_°)

で、これから行くベケット・アタが、行けば子宝に恵まれることでも有名らしいのです!?

おばあちゃんとかが、”ベケタタに行ってお祈りしてきたら必ず授かるから!!”みたいに言っています(´ω`人)

よくわからないけど、たぶん我々、子供ができずに悩んでて、日本からはるばるここまでお願いしに来た夫婦みたいに思われました(´ω`人)
たぶん・・・というか絶対(´∀`*;)ゞ

いや、もちろん子供は欲しいのですよ!!
でも、まだたくさん旅行もしたかったし、お酒も飲みたかったし(笑)、自分の時間が欲しかったからまだいいかなーって思ってたんです・・・^^;

うん、でも日本に帰ったら子供欲しいし、せっかくなので子供についてもお願いしに行きたいと思います!!

いざ出発!!
と思ったら、なんか家の目の前でテントみたいのが組み立てられてました(;・∀・)
自由過ぎる・・・。
IMG_0208.jpg

本日一緒に行くのはノリさんと、三男君(イケメン弟と呼んでました笑)、お父さんのお兄さんの息子さん=つまりノリさん達のいとこのお兄さん!!
ちなみにノリさん達のお父さんは、アクタウで結婚式があるらしく、アクタウに向かわれました(´ω`人)

ところでカザフスタンも天然資源大国!!
これは何の採掘中かしら・・・。
IMG_0210.jpg

なので、カザフスタンもガソリンはリッター30円でした((((;゚Д゚)))))))

そして途中からはやっぱり未舗装のガタガタ道に。
これはやはり4WDじゃないと無理ですΣ(ω |||)
IMG_0222.jpg

通過しただけですが、遠くの方にイスラム寺院群みたいなのが見えました。
IMG_0214.jpg

それにしても、本当になーんにも無い広大な大地が続いているのですが、遠くの方に大きな岩が見えてきましたΣ(゚д゚|||)
IMG_0218.jpg

写真だと伝わりにくいですが、すごい大きさなのです。。。
IMG_0226.jpg

ここら辺も、昔は海だったのだと思われます。
地層がくっきりと見えて、すごい迫力でした><!!
ここら辺は全く観光地化されてないし、簡単には来れない場所なので有名では無いかもしれませんが、アメリカのグランドサークル一帯の景色と同じ・・・いや、むしろそれ以上の感動があったかも・・・。
IMG_0224.jpg

1時間ほど走ると、小さな小屋のような建物が。
ここで、建物の前にいらっしゃる牧師さんにお祈りを唱えてもらいました。
IMG_0228.jpg

建物の壁には何やら動物等の絵が・・・。
IMG_0232.jpg

中は、特別に撮影OKしてもらえました。
IMG_0230.jpg

牧師さんにお祈りを唱えてもらった後に、この炎で手のひらを炙り、その手で顔を上から下になぞるという行為を3回繰り返しました。
我々も見よう見まねで・・・。
IMG_0231.jpg

牧師さんに挨拶をして、再び出発!!
また、ひたすら広大な大地が続きます。
IMG_0236.jpg

30分ほど走ったところで、最初の目的地であるショパン・アタに到着。
たぶん、アタが寺院という意味。
IMG_0241.jpg

敷地内には小さなモスクもありました。
IMG_0240.jpg

そして、ここから先は撮影禁止です。
IMG_0242.jpg

この門を越えた先に洞窟があって、その中に入り、牧師さんにお祈りを唱えてもらいました。
お祈りの際は男女分かれて座ります。
そして、男性は白い布を、女性は綺麗なスカーフをもらいました。

ノリさん達が、”これは絶対に捨てちゃダメだよ”って(°_°)
旦那氏がいつまで失くさずに持っていられるでしょうか(-∀-)

洞窟の隣は、墓地になっていました。
とても豪華で美しい墓地群だったので、写真を撮れなかったのが残念です><;

そして最後に井戸がある場所に行って、その井戸から汲んだ水=聖水を飲みます。
我々も勇気を出して飲んでみたのですが、これまで飲んだ水の中で一番マズイ水でした(=∀=)
聖なる水に対して暴言を吐いて本当に申し訳ありません・・・でも、ビックリするほどマズかったー( ;∀;)

その後、決められた場所で手を洗いました。
ちなみにカザフスタンでは、手を洗った後、手についた水をペッペッと払いのけるのは絶対にダメらしいです(°_°)
宗教上の理由だと思うのですが、手に揉みこんで乾かすのが正解らしいのでお気を付け下さい!!

そして手を洗った後は、食堂らしき場所に入り、皆で持ち寄ったらしいお料理やお菓子、チャイをいただきました。
これがショパン・アタでの一連の流れのようです。

ということで、次の目的地に向かいます。

お墓、遠くからなら撮っていいよって言われたから、車の中から撮ったけど厳しい^^;
IMG_0245.jpg

ここから運転はイケメン弟君に交代!!
運転できたんかーい━(゚∀゚)━!?

ここからもずーっと絶景。。。
IMG_0246.jpg

何コレ(゚д゚)っていう岩のオンパレード。
IMG_0251.jpg

すごい・・・。
IMG_0253.jpg

あぁ><
IMG_0258.jpg

写真だとうまく伝わらなくて本当に申し訳ないです><
IMG_0260.jpg

でも、本当に広大な大地に、岩山が点々としていて、本当に感動だったのです!!!
IMG_0259.jpg

この絶景ポイントでイケメン弟君とパシャリヾ(o´∀`o)ノ
19歳の若者らしい恰好なのですが、絶妙にダサいのがもう本当に愛おしい(*´v`)笑 ←失礼!?
IMG_0264.jpg

いやー・・・本当に絶景素晴らしい(>_<)
IMG_0266.jpg

すごーい(>_<)!!
IMG_0270.jpg

と思っていたら、ノリさんが車を停めろって。
で、外に出てみたら、あちゃー。
完全に死亡されたタイヤ(-∀-)
IMG_0271.jpg

元から道がボコボコだし、我々はパンクしたなんて気付かなかったのですが、さすがお兄ちゃん!!

そして慣れた様子でタイヤの交換。
こーんな、誰もいない、なーんにも無いところ。
しかも外に出ると極寒です・゚・(つД`)・゚・
IMG_0273.jpg

はい、あっという間に交換完了!
交換後のタイヤの方が汚ーい(=∀=)笑
IMG_0274.jpg

そんなハプニングはありましたが、ショパン・アタから1時間くらいでベケット・アタに到着!!
IMG_0275.jpg

ここも残念ながら中は撮影禁止です><
IMG_0276.jpg

入ると、水瓶に入った聖水!?を渡されて、”これで全身を洗いなさい”って。
それが、また暴言吐いてごめんなさいですが、汚い水^^;笑
しかも洗うのはとても汚いトイレみたいなところで・・・。
申し訳ないですが、水で濡らす程度にさせていただきました><;

その後、またみんなが持ち寄ったお菓子やチャイをいただきました。
あ、ベケット・アタには、男性も女性も髪の毛を隠さなければならないようでした。
なので、旦那氏は先ほどいただいた白い布を頭に巻き巻き。

そして、牧師さんが来るまで待機。
待合室は男女別。(これは旦那氏が撮った写真)
IMG_6142.jpg

なので私は一人で待機。
待っている間、名前を聞いてくれたり、お祈りの仕方を教えてくれたりして、みんなとても優しかったです^^

部屋にはいろいろな説明ポスターのようなものも貼られていました。
英語は無かったので詳しくはわかりませんが、スペインのホタテの道のように、聖地ロードにある色々なイスラム寺院を周って、最終的に辿り着くのが、ここベケット・アタのようでした。

しばらくすると牧師さんが現れ、お祈りを聞きます。
その間は、みんな両手のひらを見つめています。
そして、お祈りが終わると、最後に手で顔を上から下になぞります。

お祈りが終わると、皆一目散に牧師さんの元に走っていき、お金を渡していました。
皆、少しでも牧師さんの近くに行きたいようでした(°_°)

これで終わりかと思いきや、本番はここからのようです。
ということで、ここから一番の聖地まで歩いて向かいます。
ショパン・アタでもらったスカーフを巻いて行くと良いよと言われました。

そしてこれが、すごい岩の中を、ずーっと下の方まで降りて行くのです。
足が悪いおばあちゃんとかも、必死に降りて行きます。
帰りは同じ道を登らないといけないのに、どんなに身体がキツくても行きたい場所のようなのです。

で、20~30分くらい歩いて到着したところに洞窟がありました。
この中が、いろんな寺院を巡って来て、最後に辿り着く一番の聖地のようです。

中には10人ずつくらいしか入れないので、入れるまで待機。

すると、みんがざわつき始め、みんな同じ方向を指さしています。
で、我々にも何かを教えてくれているのですが、言葉が通じないからわからない><;

よーく見てみると、どうやら鹿さんがいますΣ(ω |||)

神秘主義にとって、鹿さんは神聖な生き物なのでしょうか!?
大の大人が、みーんな鹿を見つけては喜んでいるのですΣ(ω |||)
とっても不思議な光景でした^^;

それにしても、10人ずつなので、なかなか入れません^^;
寒い><;

と思っていたら、さっきの待合室で一緒だったおばちゃんが、”先に早く入りなさい!!旦那氏も早く早く!!”と。
たぶんなんですけど、このおばちゃんにも子供ができず悩んで、日本からはるばるやってきた夫婦だと思われてたと思います^^;

ということで、中に入って牧師さんのお祈りを聞きます。
また、皆で手のひらを見つめて、最後に顔をなぞります。

その後、さっきのおばちゃんが”ここに入りなさい!”と。
言われて入ったのは、女の人しか入れない、さらに小さな洞窟。

入ったのは私と、他に女性2人。
どうやら、ここが子供ができるようにお願いする部屋みたい。

中は電気も何も無くて真っ暗。
換気も無いのでちょっと息苦しい・・・。
そんな中で、一緒に入った女性2人がお祈りを唱えてくれたのですが、なんと途中から2人とも号泣し出したのです・・・。

え・・・え!?

何が起こったのか混乱・・・。
そして、イスラム教徒でもなんでも無い私が、この中に、この女性達と同じ空間にいて良いのだろうかという疑問が・・・。

この人達は、本当に子供ができなくて悩んでいるのでは。
しかも、そんなに若いワケでは無かったので、ずーっと通い続けているのではないだろうか・・・。

子供がいないと、”なぜだ??早く作りなさい!!”と言うのが当たり前の国なのだから、親戚の人達に色々言われて苦しんでいるのではないだろうか・・・。

お祈りどころでは無く、そんなことばかり考えていました・・・。

ちなみにその洞窟から出たら、旦那氏が正座していました。
旦那氏も、”ここで子供ができるように祈ってなさい”って牧師さんに言われたんだって^^;

その後、1本の木が置かれている部屋に行って、その木の周りを3周して、最後にショパン・アタでもらったスカーフを木に巻き付けました。
さきほどの女性2人は、ここでも号泣していました・・・。
そして、たくさんのスカーフを木に巻き付けていました。

きっと、ショパン・アタ以外の寺院も周って来たのだと思います。

いやー、本当に我々にはわかり得ない世界でした。
ここでもNo Godなんて、口が裂けても言えない・・・。
そして、宗教の違いにより争いが発生するのも、なんだかわかるような気がしました。
だって、理解もするし、受け入れることもできるけど、100%共感することはできないから・・・。

でも、こういう世界があるんだということを知れて良かったです。

というワケで、降りて来た道を戻りますΣ(´Д`*)
帰りにもどうやら作法があるようです。

まず、道の途中に火が焚かれているので、その炎で手を炙り、顔をなぞります。
その後、途中に湧き出ている泥水で顔を洗いますΣ(ω |||)
目の上にも塗りなさいと言われました。

で、最後に聖水を飲みます。
これまた超マズイので、口にちょっと付けて終わり^^;
でも皆様はペットボトルにたくさん汲んで帰ってました。
しかもゴクゴク飲んでたし、すごい・・・Σ(゚д゚|||)

ちなみにイケメン弟君に、”聖水飲んで、お腹大丈夫??”と聞かれました。
ちょっとグルグルすると言ったら、大爆笑していました(-∀-)笑

すると、またみんながざわついています。
何かと思えばまた鹿さんが(゚∀゚)!!

そして、”写真撮れ”って!!

え!?ここは撮影禁止なんじゃー(゚∀゚)!?

で・・・でもみんな撮ってる(゚△゚;ノ)ノ
だから撮りました。
IMG_0277.jpg

うん・・・カッコ良く撮れたのですが、鹿さんより景色撮りたい^^;
IMG_0280.jpg

そしたら、よくわからんけど、こっから写真OKになりました(=∀=)
鹿さんありがとう・・・!?

見て下さいっっ!!
本当にすごい場所にあるんです!!
IMG_0281.jpg

この景色・・・この絶景を見れただけでも感動するのです><
IMG_0283.jpg

ちなみに聖地の洞窟があったのは赤〇で囲った場所。
すごい降りるんです。
IMG_0285.jpg

こんな道を。
IMG_0288.jpg

周りは本当に断崖絶壁なのです(;゜0゜)
IMG_0286.jpg

IMG_0290.jpg

IMG_0295.jpg

あぁ、本当に絶景(>_<)!!
IMG_0291.jpg

登り道で疲れちゃったノリさん。
まだ25歳だよ!! ←でも二児のパパ(*´ω`*)
頑張れ(-∀-)笑
IMG_0297.jpg

一方19歳の弟君は元気に女の子をナンパしてました(-∀-)笑
聖地で(-∀-)笑

そして、電話番号を聞きたいんだけど、自分のケータイが今無いから、私のiPhone貸してって(-∀-)笑
あたかも自分のiPhoneのように使い、番号ゲットしてました(´∀`σ)σ笑
可愛いやっちゃ!!
うまくいくといいね(〃▽〃)
IMG_6141_20161031050550270.jpg

で、帰るかと思ったら、なんとパンクしたタイヤの再生を開始Σ(ω |||)
タイヤに空気を入れて、その上にコーラをかけて、泡を見て穴が開いている場所を検索。
穴が見つかったら、謎の物体を詰めてましたw(゚o゚)w
すごい!!
IMG_0299.jpg

で、いざ出発。

すごいルビーのような夕日が(*´ω`*)!!
IMG_0303.jpg

はい、そして、またパンクしました(´ω`人)
タイヤ再生しといて良かったね!
ちなみに、こんな真っ暗な中、も慣れた様子でタイヤ交換。
我々は車内でヌクヌク(´∀`*;)
IMG_0305.jpg

そして2時間くらいでジョナウゼンの街に戻って来ました。
帰りにスーパーで買い物。
ロシア語のようで、ちょっと違うカザフ語とカザフ文字!!
IMG_0308.jpg

20時過ぎくらいにお家に到着(*´ω`*)
帰ったらおじいちゃん、おばあちゃん達に、”子供できるわよ!!”って言われました。
あ・・・ありがとう・・・(´∀`*;)ゞ

そして、鹿の写真を見せたら、みんな喜んでいました(*´ω`*)

ベケット・アタにお祈りに行った日に食べる料理は決まっているみたいです。
超太いうどんの上に、ジャガイモとか羊肉??、玉ねぎやトマトが乗っている料理。

それを、こんな感じで囲んで、みんなで手で食べるのですw(゚o゚)w
IMG_0310.jpg

手で食べるのにはちょっと抵抗がありましたが^^;
これが超~~~美味しかったのです!!

煮込んだ汁は別で飲みます。
これももちろん美味しかったー(>_<)
IMG_0311.jpg

最後におじいちゃんが写真撮ってって(-∀-)笑
可愛いおじいちゃんです。
IMG_0312.jpg

ということで、本日も濃い1日が終了!!

明日は、アクタウという街に移動しますヾ(・∀・)ノ
また見てね!!


ブログランキングに参加中です。
いつも応援ありがとうございます!!
本日も1クリックいただけたら嬉しいです☆
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

聖地での体験もなかなかのものでしたが、この景色を見れただけでも本当に感動しました!!
世界にはまだまだ知らないことがたくさんですΣ(ω |||)

あ・・・ショパン・アタでいただいた白い布は、今のところまだ無事に旦那氏の手元にありますよ(*´v`)
日本まで持って帰れるかな!?!?


コメント

非公開コメント