--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/10/30

トルクメニスタンのトルクメンバシからカザフスタンのジョナウゼンまで過酷な!?国境越え( ゚Д゚)

サラム

最近、食欲が止まらない妻ですΣ(ω |||)
旅に出て痩せてきていたけど、なんか太ってきたような・・・((´・ω・`;))

さて、本日のブログはトルクメニスタン最後の難関・・・”カザフスタンへの国境越え”です!!

トルクメニスタンとカザフスタンの間のGarabogaz国境・・・なんと外国人は年間100人くらいしか通らないらしい(=∀=)
なので、もちろん国際バスなんてものは無く・・・。
しかも、4WDでしか通れないような悪路との情報・・・Σ(ω |||)

ということで、カザフスタンのジョナウゼンという街に向かう4WDの車を見つけて、そこに乗せてもらう感じになります!!
なので、多少の出費は覚悟しなければなりませんが、レアな国境を通れるのはなんだか嬉しいヾ(・∀・)ノ笑

以前にこの国境を越えた人(ほとんどいませんが^^;)の情報では、朝の6時に出発したって書いてありましたが、せっかく朝ご飯付きのホテルなので、朝ご飯はしっかりいただいてから出発したい(゚∀゚)笑
IMG_0155.jpg

またビュッフェ形式なので、朝の7時からがっつり食べ、コーヒーも紅茶もたくさん飲ませていただきました(-∀-)笑

で、チェックアウト。
この時点で、約50ドル分のトルクメニスタンマナトが余っていたので、どうしても消費したい・・・><;
ホテル代は71ドルなので、200マナト(≒50ドル)と21ドルで払いたいってお願いしたけど、やっぱりダメでした。゚(゚´Д`゚)゚。

トルクメニスタンマナトなんて、この国内で消費しない限り、ただの紙切れになってしまう可能性大なので、50ドル損失のピンチっっ((((;゚Д゚)))))))
カザフスタンまでの車で、マナト払いOKの人を探すしかない><;

ということで、トルクメンバシで泊まったホテルはこちら:Carlak Oteli。
IMG_0157.jpg

場所はここでした!!
maps.meでホテル名を検索したら出てくるはずです!


バストイレ専用、朝・昼・夕食付き、ツインのお部屋で71ドル/泊。
遅いし、ロビー限定ですが、WiFi使えます(*・`ω´・)ゞ
トルクメニスタンでは珍しい!!

窓ガラス汚いけど、部屋からカスピ海も見えて、眺めも良かったです^^
IMG_0156.jpg

駅からは徒歩10分かからないくらいなので、場所的にも結構良かったですヾ(o´∀`o)ノ

最後のトルクメンバシの街並み。
どなたかの像。
IMG_0159.jpg

IMG_0161.jpg

トルクメニスタンの国旗にも使われている三日月の門らしきものが見えましたが、これはなんだったのだろう??
IMG_0160.jpg

で、朝8時くらいに鉄道駅に到着。
またタクシーの運ちゃんがたくさん寄ってきたけど、”カザフスタン!”と言ったら皆即座に諦め、向こうだよって場所を教えてくれました(´ω`人)

その方向に行ってみると、タクシー乗り場の奥に4WDの車が集まっているところが。

優しそうなお兄さんに”ジョナウゼン!!”って言ったら、乗っていいよって。
良かった!!とりあえず車は見つかった!!

運賃は一人100ドル・・・値切って70ドルなんて情報があったのですが・・・。
マナトで支払いたいって言ったら、”2000マナト≒500ドル”って言われました(* ´ ▽ ` *)笑

いくらなんでも高過ぎるよ(゚∀。)アヒャ

でも、交渉してみたら、あれよあれよと下げてくれて、結果、一人50ドルになりました━(゚∀゚)━!!
しかも、50ドルと200マナトで支払いたいって言ったらOKだって。

やったー!!
ありがたいー(>_<)

ということで、こちらの三菱の車に運命を託します!!
IMG_0166.jpg

カザフスタンに向かう人達らしい。
一番手前の後ろを向いてるお兄さんが、今回乗せてくれたノリさん(´ω`人)
和風な名前ですねw(゚o゚)w
IMG_0165.jpg

トランクの中に、ペットボトルに入ったガソリンが積んである(゚д゚)
超危険物なので、ちょっと怖い( ;∀;)
IMG_0167.jpg

で、結局9時前くらいに車が動き出しました。
我々2人以外に、ノリさん含めて3人が乗車。

さらにもう一人乗るらしく、迎えに駅敷地内に入ったら、係員の人に入口の鍵を閉められて出れなくなった・・・。
で、謎の攻防が行われていた( ;∀;)笑
IMG_0168.jpg

やっと駅構内から出られたら、今度はトランクに入りきらない荷物を車の上に固定する作業。
うちらの荷物増えちゃったからですね、申し訳ない((´・ω・`;))

その間にもう一人乗って来た(-∀-)
でも言葉通じないから謎のまま(-∀-)笑

そして今度こそ出発かと思ったら、タイヤの購入とか車の整備が始まった(゚∀゚)笑
昨日のうちにやっておかないんだ(*‘∀‘)
IMG_0169.jpg

暇なので付近をお散歩。
整備工場の近くにあったモスク。
IMG_0170.jpg

で、10時過ぎに今度こそ本当に出発!!
と思ったら、牛さんに遭遇ヾ(o´∀`o)ノ
IMG_0171.jpg

そして、数分後にポリスに車を停められた(°_°)笑

賄賂を渡していたけど、なかなか解放されない・・・。
なんか、どこかに電話をして、その電話の相手とポリスが会話をして、OKを貰えないと進めないみたい!?
我々以外の5人、みんなでどこかに電話している。
まぁ言葉が通じないので、本当に謎ヾ(o´∀`o)ノ

今日中に国境を越えられないと、期限が過ぎちゃうので、このまま進めなかったらどうしようという不安がよぎる・・・|ω・`)

でも、15分ほどしたら、一人の人の電話がどこかに繋がって、その電話をポリスに渡して、OKが貰えたみたいです!!
良かったー( ;∀;)

何の電話だったのかは最後まで謎でした(゚∀。)アヒャ

トルクメニスタン最後の異様なモニュメントー!!
IMG_0174.jpg

ここから、1時間半くらいは舗装された綺麗な道を快調に。
IMG_0172.jpg

その間にジェスチャーで会話した結果、どうやら5人は家族らしいことが発覚!!
運転手のノリさんが長男。
そのお隣がお父さんで、私の隣に長女さん、後ろに次男と三男君が乗車。
ちなみに、この家族がトルクメニスタン人なのか、カザフスタン人なのかは、最後までわかりませんでした(´_ゝ`)

また、お弁当で持ってきていたおかずやパンを分けてくれたりしました(>_<)
ありがたいです(>_<)

そのうち、道がちょっと凸凹になってきました。
でも、昨日のタクシーとは違い、4WDの安心感(´ω`人)
IMG_0175.jpg

しばらくして途中休憩。
朝、コーヒーと紅茶を飲み過ぎたから、めちゃトイレ行きたいΣ(゚д゚|||)笑

もちろんまた扉無しボットン便所だったけど、もう慣れた(´ω`人)

辺りはなーんにも無いよ!!
IMG_0178.jpg

で、国境手前の街。
塩湖がたくさんありました!!
IMG_0176.jpg

綺麗です(>_<)
IMG_0181.jpg

IMG_0183.jpg

この街で給油したのですが、なんとガソリン30円/リッターでした((((;゚Д゚)))))))
イランより安いよー((((;゚Д゚)))))))
本当に羨ましいよー((((;゚Д゚)))))))

そして、ここからは4WDじゃないととても走れないような悪路に突入。
IMG_0187.jpg

砂の山とかあって、またすごい景色(°_°)
IMG_0190.jpg

トルクメニスタン、天然資源が豊富でお金あるはずなのに、道を舗装してないのはきっとわざと。
イランとの国境も標高2000m以上のすごい山奥にあったし、簡単には入れない国ってことだよね(°_°)

標識も何も無いし、過去に通ったことがある人じゃないと、絶対に正しい方向に進めません。。。
で、そんなオフロードの道を1時間ほど走ったら国境に到着。

国境なので、ここからは写真なし(*・`ω´・)ゞ

着いた時、どうやら国境が閉まってるらしくて、既に数台の車やトラックが待機していました。

この間に、車に積んであったペットボトルからガソリン給油。
その周りでタバコ吸ってるし、超怖いっすΣ(ω |||)

他の車も、みんなここでペットボトルから給油していました。
確かに、こんな何もないところでガス欠になったらシャレになりません・・・((´・ω・`;))

ここで数時間待たされる人もいるようですが、幸い15分くらいで国境が開きました!!

国境警察の皆様は、意外にもみんなフレンドリーで、荷物検査を簡単に受けただけで、写真のチェックとか特に厳しいチェックも無く、無事に出国!!
出国カードが必要ですが、ノリさんが記入してくれました^^

家族みんなの荷物チェックを受けたり、また荷物を固定したりするので、ここで1時間くらい経過。

その後は車の中で何回もパスポートチェックがあって、やっとカザフスタンの国境へ到着。
カザフスタン側でも入るまでに数回パスポートチェックがあり・・・。
でも入国審査自体は特に厳しいワケではなく、荷物検査だけで、無事に入国スタンプを押して貰えました^^

カザフスタンの国境警察の皆様もフレンドリーで、珍しく通った外国人だからか、結構話しかけてくれましたヾ(・∀・)ノ

まぁまた家族みんなの荷物検査待ちとかで、1時間くらいかかって入国ーっっ!!

カザフスタンの国境を越えましたが、これまた何もありません^^;
両替所なんてものも当然無いので、マナトが余ってたらもう一生替えられないと思うので気を付けてねΣ(゚д゚|||)
IMG_0193.jpg

国境近くに唯一あったチャイハナ。
IMG_0192.jpg

ここはなんとトイレが封鎖されていたので、他の皆様に倣って、ついに青空トイレー( ;∀;)
あぁー( ;∀;)笑
汚くても良いから小屋をー( ;∀;)笑

で、またオフロードの道を1時間くらい進みます。
IMG_0194.jpg

1時間くらい経過したら、やっと舗装された道に!!
IMG_0195.jpg

すると、途中でこんなモニュメントが立っているところで車から降りて、なにやらお祈りタイムが始まりました。
お父さんがお祈りの言葉を唱えて、その間、他の皆は両手のひらを見つめるのです。
で、最後にその手で顔を上から下になぞります。
写真に写っているのは、他の車の皆様です。
みんな、この場所でこのお祈りをするようです。
IMG_0197.jpg

このお祈り、アシガバートからトルクメンバシまで電車の部屋が一緒だった家族も行っていました。
どうやら、イスラム教神秘主義という宗派のお祈りの仕方らしいのです。

原理主義は聞いたことあったけど、神秘主義というのは初めて聞きましたw(゚o゚)w
トルクメニスタンやカザフスタンは、イスラム神秘主義の方が多いようなのです。

そう、で、我々がカザフスタンで行きたいのは、そのイスラム神秘主義の聖地であるBeket-Ata(ベケット・アタ、現地の人はベケタタって言ってました)という場所なのです。

そこにさえ行けたら、あとはアクタウという街まで行って、そこから次の国に飛行機で飛ぶプランを立てていました。
首都のアスタナも気になるところではありましたが、アクタウから電車で46時間かかるらしいし、普通の都会のようなのでそこまで興味は湧かず・・・(´ω`人)

でも、そのベケット・アタという場所も、4WDじゃないと行けないような辺鄙なところにあって、ツアーで行こうとすると400ドル/人とかするらしい((((;゚Д゚)))))))
安く済ませるには、ジョナウゼンから”巡礼タクシー”というのが出ていて、それで行くしかないみたいΣ(ω |||)

でも巡礼タクシーの値段も不明だし、そもそもどこで頼めば良いのかも不明・・・。
それ以前に、ジョナウゼンの街に宿泊施設のようなものがあるのかも不明( ;∀;)

どうしようかと思っていたら、ノリさん達が、明日、そこに連れて行ってくれると言います。
しかも、お家に泊めてくれるってw(゚o゚)w

そんな話をしているうちに、ジョナウゼンの街に到着ー!!
19時くらいでしたかね^^

荷物を降ろす三男とお父さん。
IMG_0199.jpg

どうやら次男と長女さんは、ここからさらにタクシーでアクタウまで向かうようです。
車にお邪魔させていただき、ありがとうございました(>_<)
IMG_0198.jpg

さようならー(>_<)
IMG_0201.jpg

で、我々はノリさんの家に。

重要な値段交渉ですが、言葉が通じないので、ノリさんが英語の話せる人に電話してくれて、その人を通して会話。
しかし、その人の英語、全然わからない( ;∀;)

でもたぶん、2泊、食事付きで泊めてくれて、明日、聖地に連れて行ってくれて、最後はアクタウまで送ってくれるという内容で130ドルだと言っている。

それなら全然嬉しいのでお願いすることに!!

途中、買い物したりして、20時前くらいにお宅に到着。
てっきりノリさんの家かと思ってたら、ノリさんのお父さんのお兄さんのお宅でした(ノω`*)ノ

お宅には、お父さんのお兄さんとその奥さん、その息子さんとお嫁さん、その子供達が。

いきなり謎の外人が泊まりに来たらビックリだと思いますが、みんなとても優しくもてなしてくれました(〃▽〃)

でも可哀想なのはお嫁さんですね^^;
旦那さん側の親戚が来るので、ただでさえ気を遣うだろうに、謎の日本人まで連れてきたー(=∀=)笑

でも、着いたら早速、お嫁さんが作ってくれたご飯が(>_<)!!
肉じゃがみたいな、どこか和風な味付けで超美味しかったのですw(゚o゚)w
あとプロフもすーんごく美味しかったです^^
IMG_0202.jpg

他にも、チャイとかトルクメニスタンで買ってきたらしいウォッカも飲ませてくれたりして、ありがたい(>_<)

で、就寝。
あ、そしてまたお風呂無し生活スタートです。
もちろんWiFiも無い(*´ω`*)

さて、このご家族の皆様はどれくらいの間隔で身体を洗ったりしているのかしらΣ(ω |||)!?!?
まぁ細かいことは気にしない。

そしてトイレは外にあって、またボットンですが、扉があるだけマシだー( ;∀;)
でも、寒い!!
カザフスタンに入ったら、本当に超寒いΣ(ω |||)

でも家の中は暖かい(〃▽〃)
用意してくれたお部屋・・・広っ(´∀`*;)笑
しかも、家具もなーんにも無くて違和感(゚∀゚)笑
IMG_0204.jpg

ということで、これまでで一番過酷な国境越えでしたが、無事に越えられて良かった(*´ω`*)

では明日は、イスラム教神秘主義の聖地巡りに行きたいと思います。
また見てね!!


ブログランキングに参加中です!
いつも応援ありがとうございます^^
本日も1ポチっといただけたら喜びます
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

全く未知の国だったトルクメニスタン!!
5日間だけで、まだまだ見れていない部分ばかりだと思うけど、少しでも国や人々の様子を感じることができて良かったです(*´ω`*)

旦那氏が一番印象に残っているのは、アシガバートで言葉も通じず、人々の対応も素っ気無くて、途方に暮れたことらしいです(*´ω`*)
まぁ確かに(;・∀・)



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

万華鏡みたいな天井…

万華鏡のような天井もキラキラ綺麗でしたね…実物はどんだけ素晴らしいんでしょうね…
地獄の門…凄いですね…地獄の門そのものも凄かったけど…帰り道、無事に戻れるのかドキドキしましたよ〜(T . T)楽しく読ませて貰いましたよ〜無事で何より…

Re: 万華鏡みたいな天井…

まゆみさま!
お久しぶりです(ノ_<)
ブログ読んでいただいておりありがとうございます^ ^!!
いや、本当にピンクモスクも万華鏡みたいなキラキラモスクも綺麗で感動しました(о´∀`о)
地獄の門も違った意味で感動!!そして無事に帰って来れて良かったです( ̄▽ ̄)
今はイスラム圏にいるので、ハロウィンの雰囲気は全く無しでした∑(゚Д゚)
まゆみさまは何かハロウィンパーティー的なものを楽しまれたのでしょうか(о´∀`о)♬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。