2016/04/27

ロシア7、8日目~イルクーツク編①~

ズドラーストヴィチェ

イルクーツクから31.5時間のシベリア鉄道の旅を終え、ノボシビルスクという街に到着した妻です。
日本との時差がどんどん広がって行くことに少々の寂しさも覚えております(´;ω;`)

やはり30時間ともなると長いと感じますね。

旦那が一週間話しかけるなと言うもんだから(←|д゚))、
暇すぎて2時間くらいデスクトップ画面の写真(EXOのギョンス君)を”あーカッコいいなー”って眺めてました ←変態(゚∀。)アヒャ
ギョンス1

ギョンス君が旦那様だったらどうしよう・・・(゚∀゚)
暇だと妄想が尽きません ←え、引かないで下さい(゚⊿゚)

でも、きっとこんな風に一緒に世界一周旅行なんてできないし、他の女の子達にキャーキャー言われている旦那様を家でひっそりと一人で待っているなんて辛すぎる(つД`)ノ

そう、今の旦那氏が旦那で良かった!!

と改めて実感したのでした。

例え一週間話してくれなくても・・・



というのは冗談で、ちゃんと仲良く過ごしておりますよ。
会話はあんまり無いけど(=゚ω゚)ノ


さて、今回のブログはイルクーツク情報をお届けします!
イル駅


イルクーツクは、結構見どころたくさんありましたが、やはりなんと言っても、バイカル湖への拠点の街として有名なのではないでしょうか(^-^)/

とは言っても、イルクーツクからバイカル湖まで約80kmくらい離れてるんですけどね(゚д゚)

バイカル湖の近くに行きたい場合は、イルクーツクからリストビャンカという街(バイカル湖畔最大の観光拠点)を目指します。
バイカル地図

セントラルバスステーションから出ているバスで行くと、100ルーブルくらいで、1.5~2時間で行けるようです。
でも2~3時間おきにしかバスが無いようなので、我々はミニバスで向かいましたヾ(・∀・)ノ
朝早くてもバスはあるようでしたよ!

セントラルマーケットの駐車場(Timiryazeva St.にあります)から、20~30分おきに出ています。

時刻表がある訳ではなく、席が8割くらい埋まったら出発する感じですね。
運転手さん、結構飛ばしますので、”あー事故ったらただじゃすまないなー”と思っているうちに、1時間くらいで着きました(°_°)
片道一人120ルーブルでした(´ω`人)

他にも、イルクーツクからバイカル湖へと注いでいるアンガラ川を船で下っていくこともできるそうです。


バイカル湖のベスト観光シーズンはやはり冬
ということで、今はもうオフシーズンなんですかね?
リストビャンカの街はほとんど人もいなくて、Tourist Informaitionも閉まってるし、寂しい感じでした。
今も東京の冬くらい十分寒いんですけどね((´・ω・`;))

バイカル湖、鉄道から見たときはほとんど凍っていましたが、ここではほとんど溶けてしまっていました。

でも、凍っているところもあります。
氷3

・・・近付いてみます。

見てーっっヽ(´∀`)ノ
氷1

こんなキレイな氷、見たことありません。
氷2

ああ、美しい・・・
氷4

透明で向こう側が透けて見えます。
氷5


というのも、バイカル湖は世界一の透明度の湖だと言われているそうです。

確かに透明です。
バイカル1

冬、凍っている湖の上を歩くと、どんなに氷が分厚くても、下が透けて見えるんだそうですよ(*゚Q゚*)
それは見てみたい(ノ_<)
もしもう一度来ることがあるとしたら、やはり真冬ですね!


その他にも、世界一の深さ、世界一の貯水量。
さらには、世界で最も古い古代湖(推定3000万年前にできた)でもあるそうです。
古代湖とは、10万年以上存在し続けている特殊な湖のことで、世界にも20個しかないんだとか。

よって、ここにしか存在しない生物がたくさんいるんだそうです。

3000万年前には海だったのですが、徐々に淡水化したようで、本来海の生物だった生き物が、淡水化しているんだって。
できる季節はわからないけど、ダイビングもできるようなので、潜ってみたらどんな景色が広がっていたんだろう。。。


街には水族館もあって、そこで淡水アザラシも見れるはずなんだけど、オフシーズンだからかな?
クローズしてました(;д;)涙

会いたかったな、バイカルアザラシちゃん。。。
1394584439_1595723800.jpg
※ 写真お借りしました。


バイカルとは「自然」を意味するそうです。

上から眺めただけでは、透明度と大きさしか実感できませんが、湖の中では色々な自然のドラマが繰り広げられてきた、そして今も繰り広げられているのでしょうね。
バイカル2

近年では環境汚染も問題になっているようなので、3000万年前から命を育んできた湖を、どうかこのまま守り続けて欲しいと願うばかりです。

ツーリストである私にできることは、ゴミをポイ捨てしないとか、外来種を持ち込まないとかくらいしか思い付かないのですが|ω・`)


バイカル湖では、固有の生物さながら、サーモンやオムールというサケ科の魚も釣れます。
よって、イルクーツクでも魚料理たくさん食べれますo(^▽^)o

ここ、リストビャンカの街では、サーモンのグラタンとオムールのソテー食べました。
これが美味しかった~(* ´ ▽ ` *)
バイカル3

これから訪れる予定がある方はぜひお試しあれ!!


と、ちょっと長くなってしまいそうなので、続きは次回!
イルクーツク編②をお待ち下さい~(*´∀`人 ♪



いつもありがとうございます!
本日も応援のクリック宜しくお願いします
バイカルアザラシちゃんをポチっとヾ(・∀・)ノ
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ほとんどやる気を見せないし、動物もそこまで好きではない旦那氏が淡水アザラシを見ることにはすごい情熱を注ぎ始めました。

まぁ、報われなかったんですけどね(゚∀。)アヒャ

その話は次回・・・


コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ブログ楽しく読んでます!!

さらさん(名前省略すいません)
最近、お気に入りの世界一周ブロガーが次々と日本に帰国してしまい寂しい思いをしたら、さらさんのブログを見つけました。
シベリア鉄道からスタートしているのも新鮮でしたが、何よりも読んでいて自然に景色が見えるようで、毎日更新を楽しみにしています。サーモンのグラタン美味しそうですね!
いつかトライしたいな~シベリア鉄道....
では体に気をつけて頑張ってください。

Re: とうとう…

またまた公開してしまいます!
そうなんです、とうとう登場しちゃいました^^;
考えるのはタダですから~(^^)/笑
おお、それは可愛くて仕方ないですね・・・♡ふふふ♡
はい、とってもおいしかったです♪

Re: タイトルなし

非公開でのコメント返信わからないから公開でごめんね!
元気だよ~^^いつも読んでくれて嬉しいなりー(^^)/
うんうん、ぜひぜひ真冬に行ってみてね♪完全防寒必須です^^;

Re: ブログ楽しく読んでます!!

kaelu様
コメントありがとうございます^^
いつも読んでいただけて嬉しいです(*^^*)
下手な文章で申し訳ありませんが、少しでも旅の風景をそのままお伝えできるように更新頑張ります♪
シベリア鉄道、なかなかハードではありますが、乗ってみて良かったです^^
ぜひ機会があればお試し下さい!(^^)!

オームリ美味しいですね!

オームリと、オームリのイクラーが美味しかったので、シベリア鉄道でバイカル湖に行きたいというのも理由です(*^^*)

Re: オームリ美味しいですね!

xing様

確かに美味しかったです^^☆彡
バイカル湖・・・とーっても寒かったですが、水の透明度は素晴らしかったです!!