--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/04/20

ロシア~シベリア鉄道編①~

ズドラーストヴィチェ

交通費削減と運動のために、昨日は約26,000歩も歩いた妻です(=゚ω゚)ノ
おかげでぐっすり眠れましたヾ(・∀・)ノ


さてさて、本日はシベリア鉄道(ウラジオストク~ハバロフスク編)をお送りします

ウラジオストクは、一般的に皆様が想像するシベリア鉄道の始発駅になります(*^_^*)
ホームにこんな石碑がありました。
碑

モスクワまで、9,288kmってことかと思います!?
(Wikipedia情報によると9,297km)

あ~、ここからそれぞれの長い旅が始まるんだなと感じるひと時です。
駅


我々が乗ったのは、No.351という電車でございます。
夕方17:20にウラジオストクを出発しまして、次の日の朝7:05にハバロフスクに着く電車です。

あ!ちなみにシベリア鉄道の時刻表などは、すべてモスクワ時間で表記されております。。。
なので非常にややこしい・・・(°_°)
チケットを買う場合は、10:20発、翌0:05着の電車ということになります。

チケットも駅の電光掲示板も、すべてモスクワ時間で表示されているから、時間間違ってないか、ヒヤヒヤしちゃいますねっっ(゚△゚;ノ)


いざ乗り込みます。
電車

廊下

我々は2等席なので、4人部屋のコンパートメントになります。
こんな感じ↓↓
車内

下に2人、上に2人ですね。想像よりも狭いかも((((;゚Д゚)))))))

下の段の椅子の下に荷物を入れるスペースはあります!
入るのは飛行機内に持ち込めるサイズのスーツケース一人分くらいかな?
あと、上側にも荷物を入れるスペースありましたが、そもそも重いと持ち上げられないし、あまりにも大きなスーツケースは入らないと思うので、シベリア鉄道2等席に乗る方はある程度、荷物をコンパクトにしていった方が良いかもですΣ(ω |||)!?


夜は座っている座席部分に布団を敷いてベッドに変身します。
ベッド

2等はベッドメイキングは自分で行います。
シーツや枕カバーは、ちゃんとクリーニングされてるんだなーという状態のものを配ってくれますので、安心(´ω`人)

私は二段ベッドの上。
背が低いと下からベッドメイキングするのはなかなか至難の業です・゚・(つД`)・゚・
男性に手伝ってもらうか、もう上に上ってしまってやるのが良さそうです(°_°)

バックパックを置けるスペースがなかった+安全のために、バックパックと一緒に寝ましたが、
劇的に狭かった━(゚∀゚)━!
狭い


トイレはまぁ許容範囲の汚さです ←(゚∀。)アヒャ
トイレの中に水道があるんですが、蛇口部分を下から押してないと水が出ないタイプ(伝わったかしら・・・)だったので、そこで洗顔とか歯磨きするのは難しそうでした!?
なので我慢
でも、シーツとかと一緒にタオルも配られたので、もしかしたら洗面所みたいのがあったのかも!?

また何度も乗るので探検してみます


同室は、ウラジオストクから一緒だった50歳のダンディーなおじ様と、途中から乗ってこられた73歳のおじいちゃんでした。

ダンディーなおじ様は少々英語が喋れました。
73歳のおじいちゃんは、まーったく英語は喋れませんが、ひたすらロシア語でたくさん話しかけてくれました。

でも、ホントにごめんなさい。

ビックリするくらい何言ってるかわからなかった━(゚∀゚)━!

しかも”わからない”もロシア語でなんて言ったら良いのかわからないから、もう何もできない(゚∀。)アヒャ

でもビックリするくらいめげずに話しかけてくれて!?
ダンディーなおじ様のちょっとの通訳を交えながら、
1割くらい会話できました(-∀-)
それはまぁ、貴重な体験となりました。


私たちは今回はスーパーでお惣菜やらビールを買い込んで乗ってしまったので、部屋で夕食を食べましたが、次は食堂車にチャレンジしてみようと思います!!!

車内で飲むビールうまし(´∀`σ)σ
ビール


73歳のおじいちゃんが、たぶん、”一緒に食べに行こう、VODKA!”とか言ってたような気がするので、一緒に行ったら良かったかな((((;´・ω・`)))!?
食事から帰ってきた同室の2人は、非常にお酒臭かったので、きっとVODKAを楽しんでこられたのでしょう。。。


そんなこんなで、ハバロフスクに到着した訳なのでした!
ハバロフスク


現地でチケットを取った方が断然安いと思いますが、最初っから満席で乗れなかったら幸先悪いので、この区間は日本から予約しておきました。
予約サイトは以前もご紹介しましたが、こちら↓↓
RussianTrains

手数料など含め、日本円で約19,000円/2人になります。
日本の旅行会社に頼むよりは断然安いですが、現地で取れば、たぶん半分くらいの値段のはずです。


次はハバロフスクからウランウデというところまで向かいます。
で、取れるか心配だったハバロフスク~ウランウデ間のチケットは、現地でも無事購入することができました!
でも、席がいっぱい余っている訳ではなさそうでしたので、不安な方はやはり日本から予約していった方が良いのかもですw(゚o゚)w

ハバロフスク~ウランウデ間はお値段、約12,000ルーブル。
全然キョリは長いのに、日本から買ったウラジオストク~ハバロフスク間と同じくらいの値段ですね(*゚Q゚*)


本日13:15発で、到着は23日の現地16:42着の予定です。
なんと車中2泊ですね(;゜0゜)


シベリア鉄道は乗ってる間ほとんど夜だから景色も見えないし、設備もそこまで快適ではないので(←えw)、楽しいかどうかは同室の方次第のような気がしますw(゚o゚)w

次も同室の方と仲良くなれるよう頑張りますヾ(o´∀`o)ノ

では次はウランウデから、ハバロフスクのお話しをお届けします
また見てね(^-^)/


いつもありがとうございます!
応援して下さって嬉しいです!
本日も1クリックのほど宜しくお願い致します(^∇^)ノ
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ハバロフスクチラ見せ|ω・`)

ロシアの子供達が可愛すぎて、旦那がロリコンに目覚めそうと言っております(´・ω・)



コメント

非公開コメント

今日も楽しく読ませて頂きました〜☺️
オマケのように付いてる旦那話がまた楽しい!これは絶対必要だよ〜。

Re: タイトルなし

まゆみさま、
いつもコメントありがとうございます^^
今日も後程、ブログ書きますね~(^^♪
旦那話も交えつつ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。