2016/05/23

イメージ通りのような?違うような?ミンスク市内観光(^^)/

ドゥゼンドブリー

未だに発音がわからない妻です(=∀=)

とは言え、ベラルーシではほとんどロシア語が使われているようですねヽ( ´_`)丿
なので、旅中はズドラーストヴィチェでOKでしたよヾ(・∀・)ノ


ではでは早速、前回のベラルーシ編の続き参ります!!


夜にはミンスクを出発するので、ミール城から帰ってきたらすぐにミンスク市内観光へ(*・`ω´・)ゞ
主要な見所は、基本的にミンスク中央駅から徒歩圏内かと思います(=゚ω゚)ノ

前回も載せましたが、ミンスク中央駅前にあるミンスクゲートは圧巻です。
何度見ても良かった(^-^)/
RIMG0780.jpg

この門を抜けて進むと、こんな像が迎えてくれる公園がありました。
RIMG0784.jpg


そこをさらに進んで、まず向かったのは聖シモン・聖エレーナ教会
赤い教会として知られるローマ・カトリック教会です。
RIMG0799.jpg

確かに赤いです(°_°)

こちらの像は、ちょっと目を惹きます。
RIMG0796.jpg


教会自体はとてもシンプルではありますが、私が訪れたかった理由はこちら!

この教会には、カトリック長崎大司教区が贈った献金を基に作られた長崎の鐘の複製が置かれているんですね。
RIMG0801.jpg

ここには、長崎・広島・福島の土が埋められているそうです。
世界で最初に核実験が行われたニューメキシコ州の土も。。。
RIMG0798.jpg

チェルノブイリの関係で、ベラルーシでは日本にシンパシーを感じている方が多いそうです。

私がここに行ったからといって何ができる訳ではないですが、祈りを捧げてきました。


この教会の目の前は、独立広場になっています。
昔はレーニン広場と言ったそうで、レーニンさんの像もありましたw(゚o゚)w
RIMG0807.jpg

ひたすら広い!
RIMG0804.jpg

妙に整備されてる!
RIMG0808.jpg

国旗もたくさん!
RIMG0790.jpg

THE ソ連って感じですねΣ(゚Θ゚)
RIMG0805.jpg

ロシアもそうでしたが、道が広いですねー(゚д゚)
RIMG0813.jpg

ここら辺は、私がイメージしていた通りの景色なのでありました(*゚Q゚*)


あと、どうしても行ってみたかったのがベラルーシ国立図書館

地図上で見たら、独立広場から歩いて行けそうな気がしたので、どっちの方面に歩けば良いのかデート中のカップルに聞いてみました。
そしたら、歩いてはとても行けないからメトロで行きなさいと!

ありがとうと言って別れ、メトロに向かいます。

メトロのマークが黒って、何かカッコいいですね♪
てっきり赤のMをイメージしていたので、気付きにくくはあるのですが^^;
RIMG0816.jpg

国立図書館があるのは、ウスホード駅というところ。
路線図で行き方を探していると、さきほど道を聞いたカップルが来てくれて、”一緒に行きましょう”と言ってくれました。

彼らはたぶん、国立図書館には行く予定ではなかったと思うのですが・・・((´・ω・`;))

もし日本で外人さんに道を聞かれたら、行き方を教えてはあげれるけど、”一緒に行きます!”っては言えないだろうなーと思って、すごい優しいんだなーと感動。゚(゚´Д`゚)゚。

しかも、せっかくのデート中に><
申し訳なかったですが、お言葉に甘えて連れて行ってもらうことに。

ミンスクのメトロの切符はこんなコイン↓↓
RIMG0845.jpg

市内なら運賃は5500ベラルーシルーブル(≒30円)/人でした(´ω`人)

駅はこのようにシンプルな感じですね。
RIMG0846.jpg


独立広場の駅からウスホード駅までは、15分~20分くらいでした。
確かに歩けないですね((((;゚Д゚)))))))

で、駅から地上に出ると、目の前にあります。

どーん!
RIMG0825.jpg

なんかすごい(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

図書館感は全然ないですけどね(-∀-)
RIMG0819.jpg


ちなみに、近くにあるマンション?の模様にもビックリ(-∀-)
RIMG0823.jpg

呆気に取られて、寄りの写真撮るの忘れてた・・・(-∀-)
すみません・・・
これから行かれる方は、そちらにも注目してみてね!!


どなたの像かわからないですが、絶妙な顔の銅像がお出迎えしてくれます。。
RIMG0826.jpg


で、こちらの図書館の屋上は展望台になっているのですね。
そこにも”一緒に行こう”と誘ってくれましたw(゚o゚)w

入口は駅とは真反対側でしたよ^^
展望台へは、30000ルーブル/人なり。


展望台から見える景色。
RIMG0831.jpg

ここら辺は、高級住宅街らしいです。
やはり、どこかソ連っぽさを感じる風景であります(°_°)

今まさに建設ラッシュですね。
数年後には、全く違う景色が広がっていそうです。。
RIMG0838.jpg


展望台の1階下は、カフェがあったり、ちょとした美術展みたいのも行われていました。
ベラルーシの芸術家さんなのですかね??
RIMG0841.jpg


そして、ここまで案内してくれた2人は、展望台から降りたら、”じゃあ僕たちはこれで帰ります”と言って、メトロの駅の方へ戻って行かれました。
本当に私達のために、ここまで付き合ってくれた模様><

本当にありがとう+゚。*(*´∀`*)*。゚+
RIMG0822.jpg

また素敵な思い出ができたのでした^^

もっと会話ができれば良かったのですが(ノ_<)
ごめんね、ロシア語がほとんど話せなくて・・・><


ところでこの図書館、夜はライトアップされるので、その姿も見てみたかったのですが、今の季節は21時半過ぎにならないとライトアップされないとのことで断念><;
残念ですが、キエフ行きの電車に乗れない方が悲劇なのでね・・・(´・ω・)


なので、中央駅方面に戻って途中下車。

こちらはHoly Spirit Cathedral。
RIMG0849.jpg


暗くなりかけのこの景色、とても素敵でした(((o(*゚▽゚*)o)))
RIMG0853.jpg


これまではソ連を彷彿とさせる景色ばかりでしたが、この付近はとても綺麗です(´ω`人)

合唱の発表が行われていたり・・・
RIMG0855.jpg

歩いてみると、とってもおしゃれな現代風の通りも!
RIMG0859.jpg

RIMG0863.jpg

これは私のイメージしてたベラルーシと全然違う!
ベラルーシの2つの面を見れた感じでした^^

夜のミンスク駅も綺麗ですね^^
RIMG0866.jpg


電車に乗る前に夜食を少し。
美味しいは美味しいですが、とてもシンプルな感じです(*´∀`人
RIMG0868.jpg


最後に、ベラルーシルーブルを消費するためにお菓子も購入!
RIMG0870.jpg

ベラルーシの国旗の模様のパッケージで可愛いですね^^

中身はバルト三国でも食べた、カッテージチーズにチョコがコーティングしてあるお菓子でした(^^♪
やはり美味しかった☆


で、22時40分にミンスク発の寝台列車でウクライナのキエフへ出発!!
ちなみに、キエフ行きの電車は1日この1便だけと思われます。
RIMG0869.jpg

我々が乗ったのは2等席でしたが、シベリア鉄道の3等席と全く同じ作りでした。


夜中の3~4時くらいに国境を超えるので、いったん起こされます。

これまたパスポートを入念にチェックされたので、もしビザが切れていたら通過できなかっただろうなーと思って、日付を変更しておいて良かったと感じました(;゜0゜)

無事に出国スタンプを押してもらってひと安心(´ω`人)
して眠りにつきますZzz・・・


そして、朝8時50分にキエフに到着ーヽ(≧∀≦)ノ

キエフに着くと、また係員の方が乗ってきて、そこで入国審査を受けて、OKな人から電車を降りる感じでした。
IMG_5015.jpg
※ 寝起きの私のひどい顔は気にしないで下さい・・・


無事着いたー\(^o^)/
RIMG0873.jpg

我々、相当キエフが気に入っております(〃▽〃)
ということで、次回はキエフ編をお伝えしますね☆



わずか数時間の滞在だったベラルーシ・・・というかミンスクとミール城だけなので深く語る資格は無いですが、それでも、人々の優しさは感じられたし、噂通りとにかく美人さんが多いし、ソ連っぽさを感じられたり、イメージとは違う雰囲気も感じられたり・・・
少しの時間でも行けて良かったです(* ´ ▽ ` *)

もしまた行く機会があったら、次はちゃんと観光ビザを取って、ゆっくり周ってみたいかな!!


ではまた見てね♪


いつもありがとうございます
ベラルーシ編、少しでもお役に立っていたら幸いです☆
本日も応援の1ポチっと宜しくお願い致します(*^_^*)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ちなみに旦那氏は、カジノに行って地元の人と交流できなかったから、次回はカジノに行くべく、もう一度ベラルーシに行きたいそうです・・・

理由コラ━━━━(゚д゚;)━━━━!!



2016/05/22

未知の国ベラルーシ入国!世界遺産のミール城はお菓子のお城みたい(*‘∀‘)!?

ドゥゼンドブリー

ってベラルーシ語の”こんにちは”の発音が合っているのか悩んでいる妻です(;゜0゜)

現在地は既にウクライナのキエフなのですが、昨日はベラルーシを堪能してきましたので、今回はその様子をお伝えしますヾ(・∀・)ノ


・・・と、ベラルーシ観光の前に我々はミスを犯していたのです((´・ω・`;))

ベラルーシのトランジットビザを無事に取得はできたのですが、トランジットビザの有効期限は2日間なんですよね。
そう、それをよく調べもせず、48時間だと思い込んでいたんですね。
でも、48時間ではなく、やはり2日間なのです。
ベラルーシ大使館

受け取ったビザにも、”5/21~5/22”と書かれています。

しかし、我々が予約していたミンスク→キエフの列車は、22日の22:40ミンスク発の夜行列車。
そのまま行くと、国境を通過するのは完全に23日になってからです((´・ω・`;))
それでビザが取れてしまうのは謎ですが・・・( ゚Д゚)⊃

焦って色々な方の体験記を見ると、何も問題なく通過できたという方もいるし、ビザが切れていると言われ、列車から降ろされ色々な手続きを踏んだ方もいらっしゃる。。。

ビザが切れていても、特に厳しい罰則を受ける訳では無さそう。
もしくは運良く通過できる可能性もある・・・
しかしまぁ、運よく通過できたとしても、完全にビザが切れていることには間違いない・・・><

うん、ミンスクに1泊するのは諦めて、着いた日の夜行列車でキエフに向かおう・・・!!

この決断は、すんなりとできました。


しかし懸念は、ヴィリニュスで切符を買った際、”このチケットは変更できない!”と何度も念を押されたことΣ(゚д゚|||)

でも、過去の方の体験記を見ると、皆様変更できているし、もしかして違う担当者の方なら変えてくれるかも><!!
いざ、ヴィリニュスのチケットオフィスへ。


”チケットの変更はできません。新しいチケットを買って下さい。”


で、ですよね・・・そうですよね。
わかってました(´_ゝ`)

しかし、ビザが切れてまで滞在する訳にはいかないので、今のチケットは捨てて、ミンスクで新たなチケットを購入することに決めました!


ということで、朝7時20分の電車でヴィリニュスからミンスクに向かいますヾ(o´∀`o)ノ

リトアニアからの出国は、ヴィリニュス駅で電車に乗る前に行いました。

電車はこんな感じ。
RIMG0734.jpg

中はちょっと狭ーい(´・ω・)
RIMG0735.jpg


けど、2時間半なので我慢しましょうヽ( ´_`)丿


ベラルーシとの国境付近の駅で、係員の方が乗り込んできて、一人一人のパスポートをチェック。

今までにないほど、パスポートを入念にチェックされ、ドキドキしましたが、ちゃんとスタンプ押してもらえて無事入国^^


で、着きました!ミンスク!!
RIMG0736.jpg

おぉー、駅から出たパッと見で、バルト三国とは全然雰囲気違いますw(゚o゚)w
RIMG0737.jpg

そして、信じられないほどに美人さんが多いー(゚д゚)!!

勝手に写真を撮るのは申し訳ないので、皆様にお見せできないのが残念ですが、本当に美人さん率がすごかったんです(;゜0゜)!!

自分が惨めになったわ|ω・`)笑

・・・と、嘆いている場合ではない!
まずは、とにかくキエフまでの切符をGETせねば!

チケット売り場にて、念のため変更できないか聞いてみます・・・

おー、久しぶりの感覚!!
全然英語通じなーい( ;∀;)

ここは筆談開始・・・
すると、別の窓口を案内してくれました。
そこでは、電話を通して英語でコミュニケーション取ることができました^^

そしてー!

なんと2人分のチケット、手数料3ユーロで日付を変更してくれました><

良かったー><
ありがとうございますー><

ということで、ヴィリニュスでは変更できなくても、ミンスクでは変更してくれました(2016年5月時点)ので、もし我々のように間違っちゃった方もひとまずミンスクまで来て、変更チャレンジしてみて下さい(=゚ω゚)ノ


ふぅ・・・安心したので、次に荷物を預けます。

ミンスク中央駅の地下1階に、荷物預かり所があります^^
荷物1個につき、10,000ベラルーシルーブル(≒56円)。


身軽になったところで、早速ベラルーシ探検開始です(^∇^)ノ


まず向かったのはミール城。
ミール城は、15世紀末から16世紀初めにかけてゴシック様式の城として建設され、最終的にはリトアニア大公国の大貴族であるラジヴィウ家の手に渡り、ルネサンス様式の城として完成されました。
その後、城は放棄され、さらにナポレオン戦争で損傷を受けましたが、19世紀末に修復されたそうです。
ベラルーシの世界遺産であります(^-^)/

ミンスク中央駅を出て、右側に300mくらい行くとバスターミナルがありました。
RIMG0741.jpg

そこのチケットカウンターで、”ミールザーマク”と言って、ミール城の写真を見せたらチケットを買うことができました(*・`ω´・)ゞ
たぶん、1~2時間に1本くらいはバスがあるようでした^^
料金は、61,600ルーブル/人。

いざバスに乗ってレッツゴーヾ(o´∀`o)ノ
RIMG0742.jpg

バスの窓が汚な過ぎて曇ってますが(゚∀゚)笑、途中、ソ連を感じさせる景色が見えたり・・・
RIMG0745.jpg

あとはひたすら一本道を走って、約1時間40分くらいでミールという街に着きました。

ミールのバス停はこんな感じ。
RIMG0747.jpg

バスのチケット売り場?はこんな感じ。
RIMG0777.jpg

そこで帰りのバスのチケット購入しようとしましたが、まぁ英語は通じないですよね(゚∀。)アヒャ

”チケットはバスの運転手から買って!”というようなジェスチャーをされたので、バスの時間だけ確認して出ました。

ミール城の前に、お腹が空いていたので近くのカフェで昼食(´∀`σ)σ

まずはチーズスープ!
RIMG0748.jpg

コンソメにパルメザンチーズを溶かした感じ?
パンを付けて食べると美味しかったですヽ(´∀`)ノ
やはりベラルーシも黒パンなのですね!

あとはジャガイモのパンケーキ、豚肉添え!
RIMG0750.jpg

美味しいのですが、ちょっと油っこいかも(゚△゚;ノ)ノ
生地にバターがたくさん練りこまれているのかな(°_°)?サワークリームを付けると、さっぱりして良い感じです。
毎日食べてたらすぐに太りそうだわΣ(ω |||)


腹ごしらえも済んだところで、ミール城へ向かいますo(^▽^)o


バス停から徒歩10分くらいですかね?
RIMG0751.jpg


可愛いー.゚+.(・∀・)゚+.
RIMG0755.jpg

なんか、お菓子のお城みたい。
ストロベリークリームと、チョコビスケットでできてるみたいじゃないですか(゚∀゚)??


お城の周りを一周してみると、見る角度によって雰囲気は全然違います。

川の対岸から見ると、こんな感じ。
RIMG0756.jpg

ちなみに対岸は、こんな綺麗な林道になっていますよ(*’U`*)
RIMG0757.jpg


後ろから見ると、こんな感じ。
RIMG0764.jpg

お城の後ろ側には、教会もありましたヽ(´∀`)ノ
RIMG0762.jpg


うーん、でもやっぱり正面から見る姿が一番かな♪(/・ω・)/ ♪
RIMG0768.jpg


またしてもお城の中には入っておりませんが、バスの時間が来るまで、外観をひたすら眺めて満喫したのでした(。>ω<。)ノ


バスの時間に間に合うよう、バス停に戻ります。

世界遺産のある村とは言え、何も無く、長閑ですな~ヾ(o´∀`o)ノ
RIMG0773.jpg

バス停の近くにも、小さなロシア正教会がありました。
RIMG0778.jpg

で、待っていると、また酔っ払い?のおじいちゃんに話しかけられました(=∀=)笑

75歳だというおじいちゃん。
ズボンのポケットからウォッカを取り出し、飲み始める(=∀=)

ちなみにベラルーシは、お酒の消費量世界一とも言われているそうですよ。
国民の半分以上が酔っ払いなんだとか・・・(。-_-。)

・・・うん、それを垣間見れたのでありました。

またしても”飲め飲め”と勧められましたが、丁重にお断りしておきました^^;


そんなこんなしてるうちに、バスの時間。

”バス来ないねー”と思っていると、普通の車がやってきて、”ミンスクミンスク”と言っています。

近寄ってみると、”ミンスクまで行く”と言います。

よくわからんけど乗ってみました、こんな普通の車。
RIMG0779.jpg

どうやら乗り合いタクシーみたいなもののようですね。


この車に運転手さん含め、9人が詰め込まれたので、キツキツではありますが((((;´・ω・`)))笑
もちろんバスよりも早いので、1時間くらいでミンスクに着きました。
乗る前に120,000ルーブルということは確認しましたが、それが1人分なのか2人分なのかはわからず、値段がちょっと心配でしたが、結局2人で120,000ルーブルでした。

バスより安いじゃんΣ(゚д゚|||)!!

乗ってる人数によって値段は違うと思いますが、場合によってはバスよりも安くて早く帰れますのでオススメです(^-^)/
運良く見つけたら、値段を聞いてみて下さい(^∇^)ノ


・・・と、気付いたら長くなってしまいましたので一旦ここまで!

ミンスク市内でも素敵な出会いがあって、色々書きたいので、次回お送り致しますねヾ(・∀・)ノ


ではまた見てねヽ(≧∀≦)ノ



いつもありがとうございます!!
本日も応援の1ポチっといただけたら嬉しいです
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

見てたらお菓子食べたくなってきたヾ(・∀・)ノ笑

そういえば旅に出て約1ヶ月・・・髪が伸びてきた旦那氏は、自分で散髪にチャレンジ━(゚∀゚)━!

結果は・・・


【悲報】旦那氏、前髪を切り過ぎ、残念な髪形に大変身(´・ω・)カワイソス


次は切ってあげようかな^^;