2016/06/17

ハンガリーエゲルの”美女の谷”にてひたすら赤ワインを飲んだくれ(*‘∀‘)

ヨーナポトキヴァーノク

本日はハンガリーを後にして、ルーマニアに移動してきた妻(&旦那)です(=゚ω゚)ノ

・・・いやー、遠かった(-∀-)笑

トカイからルーマニアのシゲトゥマルマツィエイという街まで、距離だけ見ると180kmないくらいなので、3時間くらいで着くかなーと思っていたのですが、結果15時間くらいかかりましたよね(=∀=)
その話はまた後日・・・(´∀`σ)σ


ブログは最後のハンガリー記事ですヽ(´∀`)ノ

ハンガリー最終日は、エゲル(Eger)という街に行ってみました!
というのも、ハンガリーは白ワインが多い国ですが、エゲルでは唯一赤ワインが多く作られているので.゚+.(・∀・)゚+.

我々夫婦、ワインの中でも赤ワインが一番好きなのです+゚。*(*´∀`*)*。゚+

トカイからエゲルまでは、片道約3000フォリント≒1200円/人でした。
うわーん、高い><;

エゲルはブダペストとトカイの真ん中くらいにあるので、ブダペストからエゲルに1泊して、トカイに来た方が良かったかなーと思いましたが・・・
まぁ、エゲル情報を見つけたのがトカイのホテルを取った後だったので仕方ないですね(°_°)

でも、運賃が高くても行くことは諦めません!!
だって、ワインが好きだからヾ(o´∀`o)ノ!!!笑


トカイからエゲルへは、直通電車は無いようで(゚д゚)!
まず、fuzesabonyという駅に向かいまして、そこで乗り換えました。

ネットの乗り換え案内みたいので調べたときに、fuzesabonyでの乗り換え時間が2分となっていて、無理そうな気がプンプンしていましたが、うん・・・やっぱり無理でしたよね(°_°)笑

トカイからの電車が5分くらい遅れたため、乗りたかったエゲル行きの電車は既にいませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。

よって、1時間待ち。。。

駅から出てみたけど、何もなさそうだったのですぐ戻る(=∀=)笑
RIMG1627.jpg

”もう人生において二度とこの駅に来ることは無いんだろうなー(°_°)”と思いながらひたすら待つ・・・。


で、1時間待ちまして、エゲル行きの電車に乗り20分くらいでエゲルに到着ヾ(o´∀`o)ノ
RIMG1629_20160617050403ec2.jpg

乗り換えがうまくいけばトカイから1時間半くらいで着きますよー!


エゲルには、お城とか教会もあるのですが、時間も限られていますので、直接向かいました。
我々の目的地”美女の谷”に!!

英語では、nice woman's valleyって書いてありました。
ハンガリー語では、szepasszonyvolgyって言うみたいです!

駅から、道の至るところにこのような標識が立っていましたので、標識に従っていけば、地図が無くても問題なく辿り着けましたよヾ(・∀・)ノ
RIMG1630_201606170504046e5.jpg


長閑な道を歩いて30分くらいですかね!
RIMG1631.jpg

谷が近付いてくると、ワイン貯蔵庫らしきものがたくさん現れてきます。
RIMG1632.jpg

その付近は、ワイン農家の方の家かしら!?
RIMG1633_201606170506323b1.jpg

で、その奥が美女の谷になります(。>ω<。)ノ

ブドウを持った美女の銅像がお出迎えしてくれます!
RIMG1634.jpg

ブドウを踏んでいる可愛い少女の噴水もお出迎えしてくれます!
RIMG1636.jpg

ブドウから噴き出ているのは水ですがーヽ( ´_`)丿
RIMG1637_201606170506358cb.jpg


さてさて、美女の谷・・・別に美女の方がたくさん住んでいらっしゃる谷という訳では無いのですよね(=∀=)

美女ではなく・・・谷にはたくさんのワインセラーがこんな感じで並んでいるのです!!!
RIMG1638.jpg

今はベストシーズンでは無いので、閉まっているセラーも多かったのですが|ω・`)

秋なら、こういったブドウを絞る機械で絞る体験とかもできるみたいですね^^
RIMG1639_2016061705093613d.jpg


エゲルの赤ワインで一番有名なのが、こちらのエグリビカヴェール
RIMG1643_20160617050938a18.jpg

その昔、エゲル城に立てこもった兵士達が士気を高めるために赤ワインを飲んでいるところを見た敵方のオスマン・トルコ軍が、ハンガリー軍が牡牛の血を飲みほしていると思い、恐れて撤退し勝利したことに由来して、エグリのビカヴェールと呼ばれるようになったと言われているそうです。
ビカヴェールとは”牡牛の血”という意味!

そんな エグリビカヴェールは単一種のブドウでは無くて、エグリ(エゲル)地方の4種のブドウを混ぜて造られているんですね(^-^)


はい!
なので我々は、各セラーで1グラスずつ、ひたすらエグリビカヴェールを飲んでみることにしました(*・`ω´・)ゞ笑

各セラーには、こんな感じで番号が付けられていますので、お気に入りのワインを忘れないために、番号を控えておくのが良いですね(ノ_<)
RIMG1645_2016061705093981a.jpg

まず、4番のお店。
いただきますヾ(o´∀`o)ノ
RIMG1642.jpg

こちらのはちょっと薄めな赤ワインの感じでしたかね(>_<)
しかし、1杯300フォリント≒120円で飲めるなんてー(´ω`人)


続いて、13番のお店!
RIMG1648.jpg

ここのお店は、中が撮影禁止でした。
とっても写真に撮りたくなるくらい、汚い・・・というか古かったんですけどねーΣ(゚д゚|||)
そして、中にツバメの巣があって、ツバメが出入りしているというビックリも(°_°)笑
RIMG1646_201606170512167dd.jpg

それにしても、同じエグリビカヴェールでもセラーでこんなに味が違うとは!?
というくらい違いますw(゚o゚)w

すみません。ここのは、ちょっと独特の香りがしまして><
なんだろう・・・アンモニア臭!?
味は美味しいはずなのですが、香りがちょっとキツイかなー(>_<;
値段は1杯100フォリントと、激安でした!!
年度によっては、評価も違うのかも!?


続いて、15番でも!
IMG_5165.jpg

作られた年によって値段が違いまして、1杯300フォリントのと400フォリントのを飲ませていただきました。
300フォリントの方は、やはりちょっと薄い感じ!
400フォリントの方がブドウの香りが広がり、美味しかったです.゚+.(・∀・)゚+.


・・・って、全てのお店のを飲むのは、時間的にも容量的にも無理ってことに気付きまして(-∀-)笑 ←気付くの遅い・・・


色々お試しさせていただいた結果、一番美味しかったなーと思ったのは、こちらの18番のセラーでした+゚。*(*´∀`*)*。゚+
1杯600フォリントのエグリビカヴェール!
RIMG1656.jpg

美味しいというか・・・あくまで我々の好みですねw(゚o゚)w

少なくとも私は、重めで、飲んだ瞬間に口の中に香りがフワーっと広がる・・・誰かが言っていた”飲んだ瞬間に目の前に景色が広がる”・・・そんな赤ワインが好きなのです^^
でもエゲルの赤ワインは、薄めでスッキリしている感じなのですねw(゚o゚)w
18番で飲んだのが、一番重めで、香りがフワーっと広がる感じだったのです^^♪

エゲルの赤ワイン・・・赤ワイン独特のタンニンの感じが苦手な方にはオススメかなーと思いました(*´∀`人 ♪


ひとまず結論としては、”美味しさは値段に比例する”
これは間違いないかなーと思いました^^;


って色々書いてますが、セラーがたくさん並んでいて、とっても安い値段でワインを提供してくれて、飲み比べできたりして、とーっても楽しかったのです☆
IMG_5167.jpg


なので、良い気分でまたトカイまで戻ってきたのでした!
RIMG1659_20160617051218ef6.jpg


ちなみに、セラーでは料理は提供していないし、スナックみたいなのなら持ち込みOKな感じでしたので、チョコとかチーズとかハムとか、ポテチとか!?
ワインに合いそうなものをスーパーで買って、持って行くことをオススメします^^♪


あぁ・・・これでいったんワイン生活はひと段落かな(*ノωノ)
さようならトカイー(ノ_<)
RIMG1626.jpg


最後に、トカイの宿はこちら:Vasko Panzio Borpince

家の屋根裏を宿として提供している感じです。

バストイレ専用、ダブルのお部屋で24ユーロ/泊。
コーヒーとかも飲ませてくれましたし、トカイワインの試飲とかもさせていただきました^^

家族で経営されていましたが、すごーく優しい家族でとても居心地が良かったです(〃▽〃)


そういえば、ハンガリーの美人さん率とイケメンさん率が信じられないほど高かったー( ゚Д゚)!!
ブダペストの街は素敵だし、田舎の街も可愛らしいし、やっぱりとても好きになった国なのでした^^

では、次回からはルーマニア編をお送りします(*・`ω´・)ゞ
また見てね♪


いつもありがとうございます!
とっても励みになっております
本日も応援の1ポチっといただけたら幸いです☆
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


そういえば今日、15時間もずーっと旦那氏と一緒に移動していたのに、ほとんど会話が無かったような・・・((((;゚Д゚)))))))
お互いに何やってたのかしらー(´ω`人)笑


2016/06/15

”貴腐ワインの王様トカイワイン”について世界遺産の街トカイで勉強してみました(*ノωノ)

ヨーナポトキヴァーノク

どこで刺されたのかわかりませんが、ダニ被害に遭い、両肘の辺りがとても痒い妻です( ノД`)
年齢を重ねるごとに虫刺されの跡が残りやすくなっているから、あまり刺されたくないのにー( ;∀;)


さて、昨日の夜に到着したトカイ
早速今日は午前中から街歩き・・・なんですけど、トカイはほんとーうに何も無いヾ(o´∀`o)ノ笑
そして、観光客もほとんどいなーいヾ(o´∀`o)ノ
RIMG1582.jpg

秋の収穫祭の頃には、たくさんの観光客が訪れるそうなのですがヽ( ´_`)丿

街はセンテンドレよりも小さいくらいかな!?
でもやっぱり可愛いですよ+゚。*(*´∀`*)*。゚+
RIMG1584.jpg

RIMG1597.jpg

また天気がいまいちで可愛さ半減なのですが。゚(゚´Д`゚)゚。
RIMG1583.jpg

これまた不思議な記念碑がお迎えしてくれます!
RIMG1579_20160615012553ca0.jpg

シンプルですが、教会ももちろんありますよ^^
RIMG1578.jpg

自然に囲まれ、街自体に緑がたくさんで、道路沿いに普通にチェリーがなってたりします(゚д゚)!!
RIMG1590_20160615012703c85.jpg

ユダヤのシナゴーグもありました!
RIMG1586.jpg

その前にはまたシュバシコウの巣が(>_<)!?
今度は子供ちゃんも確認できました(´ω`人)
RIMG1589_20160615012659195.jpg


トカイの人は優しいって口コミを見たのですが、それは本当(´ω`人)
みんな穏やかな口調で話し、笑顔も優しいです(* ´ ▽ ` *)


そんなトカイは、ブドウ畑の文化的景観が2002年から世界遺産に登録されています。
RIMG1599.jpg

7000ヘクタールのブドウ畑がありますが、現在も栽培が行われているのは約5000ヘクタール。

街にはこれといった観光名所は特に無いのですが(´ω`人)笑、個人経営のところも含めると本当にたくさんのワイナリーがあります!
RIMG1580.jpg

今の季節は閉まってるようなところが多かったですが!?
RIMG1592_20160615012704f61.jpg

RIMG1593.jpg

もちろんワイナリーに行ってみた訳ですが、我々が訪れたのはこちらのHIMESUDVARさん(*^_^*)
RIMG1617.jpg

最近ワインの話題ばかりで申し訳ないですが^^;
ワインが本当に好きなのですよー(*´∀`人 ♪

好きだと色々勉強したくなりますね!!

ということで、せっかくなので、トカイ地方のワインについて備忘録のためにも書いておきたいと思います(*・`ω´・)ゞ


昨日の記事でも書きましたが、トカイでは限られたブドウしか使用されていません。
FurmintHarsleveluという品種がほとんどで、最近ではSarga Muslotalyという品種も増えてきているらしいです。
あとは、ZetaKoverszoloKabarという品種が少し。

まず試飲させてもらったのは、Sarga MuslotalyとKoverszoloというブドウから作られた2015年のドライワイン!
Sarga Muslotalyの方は、すごいマスカットの香りでお味もマスカットジュースのよう!
Koverszoloはとても樽の香りがして、時間が経つと甘さが増してくる感じでした!

この2つはいわゆる普通の白ワインですね(=゚ω゚)ノ

で、我々が一般的に想像するトカイワインは、たぶんトカイアスー(ASZU)のこと。
作り方は貴腐ブドウと、貴腐化していないブドウを別々に発酵させてからブレンドして作られます。

ちなみに貴腐化したブドウはこんなイメージ↓↓
b55_mid01.jpg
※ 画像お借りしました。

カビが生えるくらいまで腐らせたブドウですが、ドライフルーツを想像するとわかりやすいですかね!
なので、甘さは凝縮されますが、ジュースは少ししか得られない、しかも一つ一つ手作業なので、たくさんの量は作れませんっっ(;゜0゜)


トカイワインは、136リットルの樽の中に”プットニ”というトカイの伝統的なブドウ籠で何杯分の貴腐ブドウが含まれているかという規格で階級が付けられていました。
今はリッター当たり何グラムの糖分が含まれているかによって、”3~6プットニョシュ”というランク付けがされています。

ちなみに6プットニョシュ以上のトカイワインには、ESZENCIAっていう階級があったそうなのですが、2010年からその階級は廃止されたらしく、今はすごい高いお値段で売られていましたΣ(ω |||)
ただし、糖度が高すぎて、飲むと血糖値が急に上がるので、少量しか飲んではいけないんだとか!?
どんだけ━━━━(゚д゚;)━━━━!!

で、トカイアスーの6プットニョシュも試飲させていただきました。
いただきます(*´∀`人 ♪
IMG_5160.jpg


・・・。
信じられないほど甘ーい(>_<)

甘いけど、美味しいー+゚。*(*´∀`*)*。゚+
RIMG1611.jpg


貴腐ブドウが穫れる量は、降水量や日照時間等の天候に左右されます。
貴腐ブドウがあまりできなかった年には、貴腐ブドウと貴腐化していないブドウを分けて発酵させずに、房そのままでワインを作るのだそう。
それは、SZAMORODNIというブランド名?のワインになります。
なので、年によって全然味が違うようですよ!
我々は2012年のsweetワインを試飲させていただきましたが、それでも十分甘かったです^^

あと、トカイワインは樽での熟成期間が2年、瓶熟成が1年以上の合計3年以上熟成のものを言いますが、SZAMORODNIと同じ作り方で、熟成期間を短くしたものが、CUVEEというブランドで作られています。
なので、こちらはsemisweetワイン。
CUVEEは、甘過ぎず、ほど良い甘さでとても美味しかったです(〃▽〃)

sweetワインは美味しいのですが、甘すぎてたくさんの量は飲めないかも( ;∀;)

よって、我々が一番気に入ったのはsemisweetのCUVEE^^
1本購入させていただきました♪
日本で買うとすごーい高いイメージのトカイワインですが、2400フォリント≒1000円で買えましたよー(〃ノωノ)
RIMG1620.jpg

ちなみに、街のインフォメーションセンターにはそれぞれのワイナリーのチラシが置いてありまして、クーポン付きだったりするので、インフォメーションセンターに寄ってからワイナリーに行くことをオススメします☆


テイスティングと、ワインセラーも案内して下さいまして、990フォリント/人でした^^

トカイワイン貯蔵の適温は10~12℃ということで、セラーはちょっと寒いのです。
RIMG1613.jpg

飲むのも10~12℃が一番美味しいらしいですよ!

こちらは新しい樽。
美味しく熟成されると良いですねー(´ω`人)
RIMG1614.jpg

樽熟成のあとは、ステンレス製の容器に移してブレンドしたりするそうです^^
RIMG1615.jpg

いやー、色々と勉強になりました(*・`ω´・)ゞ
とっても優しいお姉さま!
ありがとうございました^^♪
RIMG1616.jpg


あぁ、大好きなワインに囲まれて幸せです☆
まさに、ブドウとグラスを持って盛大に酔っ払ってるこちらの像のような気分ヾ(o´∀`o)ノ
RIMG1619.jpg

でも毎日飲んだくれていると社会復帰できませんので、節度は保っております|ω・`)


で、ハンガリーのトカイにて、地元のおじちゃん達とハンガリー対オーストリアのサッカーの試合(EURO2016)を見て1日を終えたのでしたヾ(o´∀`o)ノ
RIMG1621.jpg

ちなみにハンガリーが2対0で勝ちましたね.゚+.(・∀・)゚+.
点が入ると配られたチョコ(´ω`人)
なんかシンナーみたいな匂いのする謎のお酒入りだったよーΣ(゚д゚|||)笑
RIMG1622.jpg

そしてハンガリーが勝って気分が良くなったのか!?
陽気なおじちゃんがハンガリーのピザ!?みたいなの奢ってくれました(*´∀`人 ♪
チーズたっぷりで美味しかったけど、胃もたれー(´ω`人)
RIMG1623.jpg

ありがとう、おじちゃん(*´∀`人 ♪
RIMG1625.jpg


明日は、トカイからちょっとブダペストの方に戻ることになりますが、エゲルまで行ってみますよー^^

ではまた見てね♪


いつもありがとうございます
飲んでるだけじゃん!というツッコミもおありかと思いますが・・・(=∀=)
トカイワインについて勉強になったよ!という方も、そうでない方も!?、応援の1クリックいただけたら幸いです♪
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


大好きなワインに囲まれ、旦那氏も気分が良いのか、夜中に寝言で鼻歌を歌っておりました((´・ω・`;))
ビックリしたわΣ(゚д゚|||)!!


2016/06/14

ブダペスト近郊の街センテンドレで念願のワイン博物館を堪能(*´ω`*)

ヨーナポトキヴァーノク

知らなかったのですが、ハンガリーって唐辛子でも有名なんですね!?
RIMG1486.jpg

今日、夕方から電車移動だったので、夜ごはんに駅でケバブを買ったのですが、それが涙が出るほど辛くて、ひーひー言っていた妻&旦那です(´・ω・)


さてさて、本日はブダペストを離れる前に、センテンドレ(Szentendre)という街に行って参りました(^-^)/

センテンドレはブダペストのすぐ北にある都市で、多くの博物館や画廊があることで知られているそうです。
また、ブダペストからのアクセスが便利なことから、ブダペストを訪れる多くの観光客がセンテンドレにも行くそうですよヾ(・∀・)ノ

行き方は、まず地下鉄2号線のBatthyany terという駅に向かいます。
そこで5号線というブダペスト近郊電車に乗り換えます!
RIMG1535.jpg

電車は20分に1本は走っている感じでした(*・`ω´・)ゞ

で、約40分で到着ーヾ(・∀・)ノ
運賃はセンテンドレまで310フォリント/人でした^^
RIMG1538_201606140543095e8.jpg

この街も景観の美しさでも有名とのことで!
確かに街並みがとても可愛いです.゚+.(・∀・)゚+.
RIMG1540.jpg

ちなみに、また曇天なので写真での可愛さ半減ですが。゚(゚´Д`゚)゚。
RIMG1544.jpg

アートでも有名なので!?
お土産も可愛かったなー♥
RIMG1547.jpg

小さい街なのに教会はたくさん!!
RIMG1550_20160614054716c56.jpg

RIMG1548.jpg

RIMG1551.jpg

急に傘の飾りがあったりw(゚o゚)w
RIMG1556.jpg

蔦に覆われた建物もたくさんありましたよー(*゚Q゚*)
RIMG1554.jpg

とっても小さい街なので1時間もあれば全部見れちゃいます(*^_^*)
RIMG1559.jpg


お昼に地元の食堂みたいなところで食べた豆のスープと、チーズが入ったパンに練乳みたいな甘いソースがかかっているデザート!?が、とても美味しかったです(*´∀`人 ♪
RIMG1539.jpg


・・・で、我々がこの街に来た目的はアートではなく・・・
スロバキアで叶わなかった”ワイン博物館に行くこと”ですヾ(o´∀`o)ノ笑

こちら!
National Wine Museum
RIMG1562.jpg

レストラン併設で、レストランの地下がワイン博物館になっています(^-^)/

博物館の入口には、”ワインを飲む人の十戒”なるものが貼ってありましたΣ(ω |||)
面白い(゚∀゚)笑
RIMG1564.jpg

博物館に入るだけなら無料です!
RIMG1566.jpg

ハンガリーワインについての説明板も置かれています^^
RIMG1568.jpg

なので見るだけも良いかとは思いますが、せっかくなのでテイスティングをお願いしてみましたヽ(´∀`)ノ
試飲+ハンガリーワインについても説明してもらえて、2000フォリント/人!

色々説明してもらえたので、ハンガリーワインにちょっと詳しくなった気分です(*・`ω´・)ゞ
RIMG1570_20160614055529162.jpg

ハンガリーもやはり白ワインの方が多く作られています。

ハンガリーはほとんどが平地とのことですが、写真の17、18、19番辺りは唯一山があり、その付近では赤ワインが主に作られているそうです^^
我々は後日、その中のEger(エゲル)という街に行ってみる予定です♪

ちなみに12番辺りの西の方では今年、5月に気温がマイナスになってしまった影響で、ブドウが全滅してしまったらしいです。゚(゚´Д`゚)゚。
なので、その地方の2016年のワインはないと・・・
大変ですね><;
来年はうまくいくことを願います><!!


そして、ちょっと記憶が曖昧なのですが、ハンガリーの南の方で作られたという微発砲のロゼワインがあったのですが、それがとても美味しかったです+゚。*(*´∀`*)*。゚+

20番は日本でも有名なトカイワインの産地トカイですね!!
日本は大きな顧客の一つだとおっしゃっていました(*゚Q゚*)

トカイワインのお味はやはり独特w(゚o゚)w
すごーく甘いけど、美味しいです^^

他の地域では、カベルネソーヴィニヨンやメルロー等、他国のブドウの品種も入ってきていますが、トカイはクローズな土地で、そこでの品種を守っていると!


・・・と、色々試飲させていただきましたが、うーん、白ワインはチェコの方が好みだったかな(;゜0゜)
あくまで我々の好みですが!
ハンガリーはロゼワインがとーっても美味しくて、お気に入りになりました(*^_^*)
RIMG1571.jpg


で、ブダペストからそのトカイ(Tokaj)に移動してきましたよー(#^.^#)
RIMG1575.jpg

どうしてもトカジって読んでしまいそうになるのですが(°_°)笑

トカイって、長距離バスが通ってないんですかね!?
バスでの行き方が見つけられなかったので、ブダペストからは電車で移動してきました!

行き方は、地下鉄2号線のKeleti palyaudvarという駅から長距離電車に乗りまして、2時間40分くらいです^^
RIMG1572_20160614055528339.jpg

こちらの電車のセカンドクラスで4600フォリント/人でした。
RIMG1573_20160614055803d0e.jpg

トカイって有名だからたくさんの人が訪れるのかと思ってたら、ぜーんぜん人が降りなくてビックリ((((;゚Д゚)))))))!!
危うく乗り過ごすところでした(゚∀。)アヒャ

しかも、本当に何もない雰囲気。。。

トリップアドバイザーで観光名所調べたら、6箇所しかヒットしなかった(゚∀゚)笑
しかも全部ワイン関係・・・

まぁ、ブダペストではたくさん歩き回りましたので、トカイではのんびりしましょう(* ´ ▽ ` *)

ということで、明日はトカイの街をのーんびりプラプラしてみます(*´∀`人 ♪
ではまた見てね^^


いつもありがとうございます
とても励みになっております♪
本日も応援の1ポチっと宜しくお願い致します^^
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

あぁー、やっぱりワインが好きです(* ´ ▽ ` *)
夫婦で好みが似ているのは良いことですねー♪(^^♪


ところでその旦那氏が、”旅中にポエムを書く”と言っていたのですが、まだ一つもできていません(-∀-)笑

今日も電車からの長閑な景色を見て一句求めましたが、ぜーんぜんでした(=∀=)



2016/06/13

温泉大国ハンガリーの温泉を体験・・・そしてひたすら美しい景色を楽しみました(*‘∀‘)

ヨーナポトキヴァーノク

今のホステルで洗濯機を無料で使わせていただけるので、喜んで洗濯したら、設定を間違えたのか!?色移り&破ける被害が出て悲しんでいる妻です(´・_・`)
まぁどちらも下着だったから見えないからまだ良いのですがー(-∀-)


実は本日は温泉に行って参りましたヽ(´∀`)ノ

ハンガリーは世界屈指の温泉大国なんですよね!
ブダペストの温泉の歴史は約2000年前のローマ時代に始まっているのだそうです!!

ということで、ブダペストにもたくさんの温泉施設があるようなのですが、観光客にも市民にも人気があるのがセーチェーニ温泉ヾ(・∀・)ノ
RIMG1439.jpg

温泉と言っても、日本の温泉とはだいぶ違いますね(°_°)
水着着用で混浴。
で、温度低めなので、ずーっと入っていられる感じです!
よって、皆様プールで遊んでいるような感じで楽しんでおられましたb(’0’)d
セーチェーニ温泉
※画像お借りしました

サウナとか、薬草のミストサウナみたいのもありましたよ(´ω`人)

いやー、水着着用とはいえ、やはり湯船に浸かれると幸せな気分になりますね(*´∀`人 ♪
サウナもあって、なんだかお肌がすべすべになった気分です笑
RIMG1443.jpg

この温泉の近くには、英雄広場があります。
また何かの設営中で残念ー( ;∀;)
しかも今日も曇天の空を背景にお送りします・・・(´・ω・)
RIMG1420.jpg

記念碑の先の像は、ちょっとこれまでとは違う恰好をしています!
RIMG1423.jpg

周りの建物も雰囲気あります。
RIMG1424.jpg

近くには何かの博物館もありました(すみません、何かわからず・・・)。
とても雰囲気のある門や、
RIMG1429.jpg

建物がたくさんありました(;゜0゜)
RIMG1432.jpg

RIMG1434.jpg

RIMG1438.jpg

そして今日はブダペストマラソン??
たくさんの市民ランナーの方が走っておられました^^
ファイトーw(゚o゚)w
RIMG1427_20160613052959ed7.jpg

あと、広場の方の街並みは市内中心部とはちょっと違う雰囲気で、建物が全て古ーい感じでしたΣ(゚д゚|||)
RIMG1417.jpg


そしてそして、ブダペストには”世界一美しいマック”と言われているマックがあるんですね(*゚Q゚*)
そりゃ行かなければ!!

ホステルから2kmくらいだったので、ダイエットのためにも歩いてみることに。

その中間地点に聖イシュトヴァーン大聖堂がありました!
RIMG1407_2016061306184999b.jpg

ルネッサンス様式と新古典主義様式が融合した建築とのこと・・・。
外見は落ち着いた感じですが、中はとても豪華でした(>_<)
RIMG1404_20160613061846bc1.jpg

大聖堂を後にし、ひたすら歩くとブダペスト西駅に到着!
RIMG1409_201606130527011f4.jpg

このブダペスト西駅というのが19世紀の建築で、あのパリのエッフェル塔と同じエッフェルさんのデザインらしいのです!
よって駅舎も素晴らしいのですが、マックはその駅舎の中にありますw(゚o゚)w
RIMG1411_20160613052712e03.jpg

こちらです.゚+.(・∀・)゚+.
RIMG1414.jpg


・・・うーん、まぁ他にも美しい建築物をたくさん見てしまったので何ともですが(゚∀。)。
確かにマックの中では世界一美しいに違いない━(゚∀゚)━!

世界一美しいマックでも、味は安定のマック(゚∀゚)
普通に美味しくいただきました(´∀`σ)σ


そして昨日は夜の姿を眺めた漁夫の砦やマーチャーシュ教会も見に行ってみましたよ^^

今日は、セーチェーニ鎖橋の隣にある橋を渡ってブダ側に向かってみました。
RIMG1449.jpg

こちらの橋です!
なんだか横浜辺りを思い出しました(ノ_<)
RIMG1461.jpg

渡った先には、このような像が山の上にありました!!
ここまで登っている方もいましたよ^^
RIMG1457.jpg

あとはひたすらドナウ川沿いを歩くとブダ王宮に着きます!
RIMG1465.jpg

今日は王宮の敷地内にも入ってみました^^

王宮に裏側は、都会感は無く、山の中にも家が建っていて落ち着く感じでした。
RIMG1466.jpg

王宮の下の方から音楽が聞こえたので見てみたら、衛兵さんが演奏をしておりましたw(゚o゚)w
RIMG1469.jpg

こちらが王宮の中心!
RIMG1481_2016061305394484d.jpg

王宮から眺めるセーチェーニ鎖橋は日中でもやはり良いですね(´ω`人)
RIMG1473_20160613053943415.jpg

国会議事堂も綺麗に見えます!
こちらは日中の姿の方が好きかも.゚+.(・∀・)゚+.
RIMG1478.jpg

やはり一番良い場所でパシャリ☆
温泉あがりでめちゃスッピンですみません( ゚Д゚)
RIMG1476.jpg

先に訪れた聖イシュトヴァーン大聖堂、遠くから見ても素敵な眺めです(´ω`人)
RIMG1482.jpg

王宮の前では、ちょうど衛兵さんが交代しているところでした!
でも、途中で笑っちゃってたり、衛兵さん同士で話したりしていて、なんだかとてもゆるーい感じでした(=∀=)
RIMG1483.jpg

王宮の先にあるのが、漁夫の砦とマーチャーシュ教会。
RIMG1500_2016061305470201e.jpg

RIMG1501.jpg

日中は人がたくさんですねー(°_°)
RIMG1499.jpg

教会前にも人がたくさん!
RIMG1488.jpg

教会は、夜の姿の方が好きかなー^^
でも、日中の方が屋根の独特な模様をよく見ることができますね(´ω`人)
RIMG1517.jpg

漁夫の砦で結婚式を挙げることもできるんですね!
何組かのカップルが祝福されておりました^^
RIMG1498.jpg

そんな砦からの眺めもやはり素敵なのです(* ´ ▽ ` *)
RIMG1509_2016061305471769a.jpg


ブダ側には、他にも屋根の模様が特徴的で気になる建物がたくさんありました!
RIMG1519.jpg

RIMG1528.jpg


王宮から降りた川沿いから見た国会議事堂も素敵でした+゚。*(*´∀`*)*。゚+
RIMG1524.jpg


最後、夜ご飯はハンガリー料理をビュッフェ形式で食べられるレストランがブダ側にあるとのことだったので行ってみたらなんと閉鎖していた━━━━(゚д゚;)━━━━!!
悲し過ぎる━━━━(゚д゚;)━━━━!!

しかし、その系列店がペスト側にもあるとわかったのでそちらに向かいます。。。
地下鉄に乗れば良いんですけどね^^;
なんか、そこはケチるという・・笑
よって、本日はまた3万歩以上歩いたのでした(-∀-)
ひぇ~~

向かう途中の公園で、皆さんが踊っていました。
日曜日の夜はこうやって楽しむのがハンガリー流なのかしら!?
楽しそうで良いですねヾ(・∀・)ノ
RIMG1530.jpg

とても目立つ建築物も!!
RIMG1398_201606130709160f6.jpg


はい、そしてやっとの思いで辿り着いたのが、こちら!
RIMG1533_20160613055615ef3.jpg

平日なら1190フォリント(≒500円)で食べ放題^^
今日は日曜日だったので1560フォリントでしたがー。゚(゚´Д`゚)゚。
でも、それでも色々なお料理を試せると考えたら安いかな(´∀`σ)σ

まぁ、お味は安いのでこれくらいかなーという感じですが!
ハンガリーもやはりスープがたくさん飲まれているんですね^^!
RIMG1531.jpg

色々な料理をひとまず試してみたい方は行ってみてねヽ(´∀`)ノ


ブダペスト・・・広いと言えば広いですが、頑張れば1日で見て回れます(^-^)/

川沿いの眺めとか、チェコのプラハのようで素敵なうえ、プラハよりも人は少ないので、ゆーっくりのんびり過ごすことができました♪


最後にブダペストの宿はこちら:Colors Budapest Hostel & Apartment

専用バストイレ、ツインのお部屋で約30ユーロ/泊。
ただ、アパートメントの個室の方にしたら、レセプションから5分くらい歩かないといけないのがちょっと不便かな・・・(ノ_<)
でも、頑張れば全て徒歩圏内で立地は最高です^^!


では、明日はブダペスト近郊の村に行ってから、ワイン好きならぜひ行きたいトカイに移動しますーヾ(o´∀`o)ノ
ではではまた見てねー♪


いつもありがとうございます
本日も応援の1ポチっといただけたら励みになります!
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


サッカー大好きな旦那氏は、ヨーロッパにいる時にEUROの試合を見れて非常に喜んでおります(゚∀゚)
日本で見ると夜中ですからね・・・(°_°)

”4年後の6月も僕はヨーロッパに長期滞在するから宜しく!”

と言われました・・・(゚∀。)アヒャ




2016/06/12

ハンガリーのブダペスト・・・着いて数時間で既に好きな予感(; ・`д・´)

ヨーナポトキヴァーノク

なんだか気に入ったスロバキアを去りまして、ハンガリーのブダペストにやって参りました妻(&旦那)ですヽ(´∀`)ノ


スロバキアのプレショフからブダペストまでのバスなんてあるのかなー(´・ω・`)と心配しておりましたが、あるものですね!!

こちらのeurolinesのバスでやってきたのですが、なんと最終目的地ロンドン( ゚Д゚)!!
RIMG1340.jpg

すごい・・・何日かかるのかしら・・・(;゜0゜)

チケットはターミナルのカウンターではなぜか買えなかったので、乗れるのか不安でしたが、運転手さんに”チケットを持っていないけどブダペストまで行きたい”旨を告げると、その場で買うことができました(´ω`人)
20ユーロ/人。

チケットも貰えなかったし、本来の値段はよくわからないですが((´・ω・`;))
ネットで見ても多分それくらいだったので、ボラれてはいないと思います!!

約4.5時間でブダペストに到着!!

が、その瞬間に大雨━━━━(゚д゚;)━━━━!!
やめてー><;

バスターミナルから市内中心部まではちょっと離れているのでメトロで移動。
運賃は350フォリント(≒135円)でした(*・`ω´・)ゞ

大雨の中・・・必死の思いで宿まで辿り着きまして・・・(´・ω・)


その後、サッカー大好きな旦那氏がEURO2016の試合を見たいとのことで、スポーツバー的なところへ!
RIMG1345.jpg

ハンガリービールをお供にサッカー観戦(*´∀`人 ♪
さっきまでいたスロバキア対ウェールズ戦。

残念ながら!?スロバキアは負けてしまいました(ノ_<)


サッカーも終わったところで、ちょっとだけ街歩き(^-^)/

雨上がりでちょっと暗めですが・・・
どんなに見ても、飽きない街並み・・・似てるようで国ごとにちょと違う!?
RIMG1344_20160612060827d7d.jpg

RIMG1349.jpg

RIMG1342.jpg

RIMG1347.jpg

こちらが一番の通りなのかなw(゚o゚)w
RIMG1348.jpg


その通りを抜けると、ドナウ川が見えますヾ(o´∀`o)ノ
可愛い銅像の後ろには、王宮の丘も見えます。
RIMG1350_2016061206121473c.jpg

知らなかったのですが、ブダペストって、ドナウ川を挟んでブダ側とペスト側に分かれているんですねΣ(ω |||)!!
我々が泊まっているのはペスト側。

ブダペストのドナウ川に架かる橋で一番有名なセーチェーニ鎖橋を渡って、ブダ側に行ってみますヾ(・∀・)ノ
RIMG1355.jpg

素敵ー♥
RIMG1359.jpg

RIMG1362.jpg

橋から眺めるドナウ川も素敵です+゚。*(*´∀`*)*。゚+
RIMG1358.jpg


ブダ側にある王宮・・・近くで見てもすごいです!
RIMG1360.jpg

あと、夜の姿が美しいとのことで見てみたかったのが漁夫の砦!
RIMG1368.jpg

RIMG1369.jpg

と、砦のすぐ隣にあるマーチャーシュ教会ヾ(o´∀`o)ノ
RIMG1367.jpg

これまた今まで見た中で一番に来るくらい素敵な教会でありました!!!
RIMG1370.jpg

あぁ綺麗ー(>_<)
RIMG1377.jpg

もちろんライトアップされた砦も綺麗!!
RIMG1373.jpg

ここからはペスト側にあります国会議事堂やドナウ川も見ることができます^^
ライトアップされて綺麗ですねヾ(o´∀`o)ノ
RIMG1371.jpg

教会の前の記念碑も良いです。
RIMG1378.jpg

最後にもう一回教会側を眺める。。。
RIMG1379.jpg


ライトアップされたセーチェーニ鎖橋も綺麗ですなー(/∀\*)
RIMG1384.jpg

RIMG1392.jpg


すると、また雨がそれなりに降ってきたので、宿に戻って参りました((((;゚Д゚)))))))

明日も市内を観光する予定!
お昼の教会や砦の姿も楽しみだなー(。>ω<。)ノ

とにかく・・・明日は晴れますよーに(>_<;

ではまた見てね♪


いつもありがとうございます
励みになっております♪
本日も応援の1ポチっと宜しくお願い致します!!
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

あぁ何度見ても美しいです(〃▽〃)


でも実は、教会の前で旦那氏と喧嘩・・・ではないか・・・
私が一方的に怒り、この綺麗な景色を見た感動を共有することもなく・・・宿までの道中も一言も話すことなく帰ってきたのでした(=∀=)笑

あ、もう仲直りしましたよ!
というか、なんで怒ってたんだっけ(゚∀゚)!?笑